2016年

免疫学の視点からの「ストレス」


先週の毎日新聞・夕刊の記事は 『神経質はストレス増 健康管理は「いいかげん」で?』
免疫学の視点から見た「ストレス」をテーマにした興味深い内容でした。

紹介されていたストレス予防法もほんとに「いい加減」だな~と思いました(笑)

    _______________
      奥村流のストレス予防法
______________________
(1)心を許せる話し相手をつくる
(2)趣味をつくる
(3)泣きたくなったら泣く、おかしいときは笑う
(4)異性に関心をもつ
(5)腸内環境を整える
(6)検査数値に一喜一憂しない
(7)よく笑う
(8)適度に運動する
(9)粗食でなく食べる楽しみをもつ
(10)何かあっても能天気にかまえる
_______________________

いちばんヒットしたのは
(10)何かあっても能天気にかまえる  です。

「能天気」、これまた気楽になれる、いい加減の、いい考え方だなと思います。

気楽がイチバンですね!!


新人看護職、実地指導者の指導にあたる教育担当者のためのコーチング研修


先週は、医療法人 錦秀会様にて、教育担当者のためのコーチング研修でした。

今回で3年目の担当、たいへんお世話になっています。

16.1.27コーチング研修

対象は、新人看護職、実地指導者の指導にあたる教育担当の方々でした。

コーチングは難しい、というイメージをお持ちの方もいらっしゃいましたが
研修の終わりには、あれっ? そんなに難しく考えなくていいのかな~
と嬉しい変化も見受けられました。

皆さん、演習にも素直に取り組んでくださるので、少しずつレベルアップした内容にも
しっかりコミュニケーション力が上がってきているのがよく分かりました。

また、気づいたことや思ったことを、お互いに分かち合って、笑顔になっておられるのが
とても印象的でした。

実際の職場でも、「真剣になって、深刻にならずに」がんばってください!!

16.1.27コーチング研修2


大阪国際女子マラソン 応援大好き!!


今日は、大阪国際女子マラソンの日。

沿道で応援してきました!

往路は、15kmあたり、選手のスペシャル・ドリンクの場所で観戦しました。

ドリンクは、番号が分かりやすいように、取りやすいように、工夫されているのですね。

16.1.31大阪国際女子マラソン

テレビ中継車が先に来ました。もうすぐだ! ワクワクして待っていました。

16.1.31大阪国際女子マラソン2

先頭集団がやって来ました。
一瞬で通過・・・。
撮影するのが精一杯で、声援を送る間もなく、行っちゃった~~。

16.1.31大阪国際女子マラソン3

復路は、別の地点で応援。

「がんばれ!」
「ファイト!」
「がんばって~」

ひとり一人に声をかけるつもりで、大きな声で応援しました。

私は、人を応援するのが好きだなあ、と今更ながら思いました。

人を支援するのが大好き♪

がんばっている人を応援するのが大好き♪

その人の持つ可能性がさらに発揮されることに喜びを感じます。

沿道での声援は、選手にとって「外発的動機づけ」になります。
外側から、選手の殻をコツコツ叩きます。

そして、選手自身のなかにある「内発的動機づけ」によって
内側から殻を破ろうとする力が働いて、選手自身の能力や可能性を発揮します。

外発的動機づけは、内発的動機づけほどの力はありませんが
外発・内発が連動することでより大きなパワーになると信じています。

だから、私は応援します。

これからも、いろんな場所で、いろんな場面で、支援していきたいです。

支援することで、私も支援されて生きていることを実感しながら・・・

16.1.31大阪国際女子マラソン4


主催セミナー「受け取り方」と「伝え方」のコツ


ご好評のうちに終了しました。ありがとうございました!

2016年最初の主催セミナーは、2月20日(土)・26日(金)
相互理解と信頼関係を深めるコミュニケーション
『受け取り方と伝え方のコツ』を開催します。

昨年8月に『言いにくいことの上手な伝え方セミナー』を開催しました。
その際、伝えることの大切さはもちろん、物事をどのように受け取っているのか?
物事の受け取り方が、伝え方に大きく影響することを実感しました。

そこで今回は、
“「受け取り方」をクローズアップすることで、「伝え方」の筋力をパワーアップする”
内容です。

受け取り方の視点が広がると、コミュニケーションの選択肢が広がります。
コミュニケーションの選択肢が増えると、相互理解や信頼関係が深まります。

今以上にいきいきと笑顔になる♪ きっかけとしてお役立てください!

¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
もっともっといい関係に♪
相互理解・信頼関係を深めるコミュニケーション・セミナー
◆◆ 「受け取り方」と「伝え方」のコツ ◆◆
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬

物事や相手の発した言葉の受け取り方には
人それぞれ、固有のパターンがあります。

その固有パターンが、その後の言動を生み出しています。

言い換えれば、物事の受け取り方が、伝え方に大きく影響するのです。

受け取り方の視点が広がると、固有のパターンがゆるみ
伝え方をはじめコミュニケーションの選択肢が広がります。

お互いの理解を深め、今以上に良い関係を築いて
爽やかな笑顔のコミュニケーションをはじめませんか?

ゆったりと話せる少人数制の安心・安全な場で
参加者全員で楽しく交流しながら学びを深めましょう!

<セミナー内容>
〇自分固有の思考パターンを知る
〇何が「受け取り方」を制限しているのか?
〇「受け取り方」の枠をゆるめる・広げる
〇「受け取り方」が変わると「伝え方」が変わる♪ 選択肢が増える♪

<こんな方におすすめです!>
★同じコミュニケーション・パターンの繰り返しで、うまく伝わらない
★お互いに理解しあい、気持ちよく話したい
★職場や家庭などのコミュニケーション環境を改善したい
★人間関係のストレスを和らげて、人と積極的に関われるようになりたい
★自分を信頼し、相手を信頼したい

日 時  2016年2月20日(土)・26日(金) 13:30~16:15(13:15開場)
※参加日をお選びください ※両日とも同じ内容です
参加費  各日とも 5,000円
参加人数  各日とも 8名様まで
会 場 ドーンセンター 4階 小会議室
京阪【天満橋駅】下車。1番出口より東へ約350m/ 地下鉄谷町線【天満橋駅】下車。1番出口より東へ約350m/ JR東西線【大阪城北詰駅】下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m
お申し込み セミナー予約フォームからお申込みください
※メッセージ欄にご希望日をご記入ください
※後ほど、メールにて参加費のお振込先をご連絡いたします
※お振込みをもってお申込完了とさせていただきます


おすすめ書籍 「医療・福祉現場のコミュニケーション」


職場の人間関係で悩んでいる・・・
コミュニケーションで悩んでいる・・・
より良いコミュニケーション環境をつくりたい!
楽しくいきいきと働きたい!

医療現場で働く皆さんにおすすめの書籍をご紹介します。

人間関係が楽になる医療・福祉現場のコミュニケーション -コーチング思考で”人”を理解するための25の事例-

「コーチング思考」の視点から、具体的な事例とその解決のヒントが
丁寧に分かりやすく解説されています。

著者のお一人、井原くみ子さんは、私の大先輩であり尊敬するコーチです。
笑顔がステキな、あったかハートの持ち主です。

そんな井原さんをはじめ、共著者の方々が、医療・福祉に従事する方々へ
心を込めて書かれているのが伝わってくる内容です。

皆さんの困りごとや悩みを解消するきっかけになるだろうと思います。

おすすめの一冊です。


2015年12月コーチング体験談


大人のための電話相談 『ボイスマルシェ』にて、専門家(コーチ)としてご相談をお受けしています。
ボイスマルシェで12月に浜端久美のコーチングを受けてくださった会員さまの体験談を掲載します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
リスさんさん(50代)
<相談内容>
12月になって外出することが多くなり、モヤモヤする気持ちでいることについて

<良かった点>
浜端さんに聞いていただくことで、とても安心してお話をすることが出来ました。
問題点がどこなのかが明確になりました。
そして、どういう心の持ち方をしていたら良いかも
何気なくアドバイスをくださった中から自分で気づくことが出来ました。
短時間のカウンセリングなのに、モヤモヤしていた気持ちが柔らかいゆったりとした
心になり驚きました。
本当にありがとうございました。

<こんな人におススメ!>
どんな人もホッと出来て、自分の一歩を踏み出せると思います。
特に、自分の思考がぐるぐる回っていて、どうしたらいいのかわからない人には
おススメだと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
ありがとうございました!

ボイスマルシェでは、新規会員登録(無料)していただくと
お試しショートコース(25分)が1回無料で受けられます。
この機会にぜひご利用ください。お待ちしています!

詳しくは、『ボイスマルシェ』浜端久美のページをご覧ください。


今年のキーワード☆「勇気」と「行動」


2016年! 平成28年! 申年!

今年は、「行動する」一年にします。

ただ行動するのではなく、「勇気」をもって行動します。

私の今年のキーワードは、「勇気」と「行動」です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

160101_095843
※和歌山の実家近く、お気に入りの散歩コースより
 2016年元旦 撮影


Top