2007年、日々是好日の始まり


2004年9月17日、『日々これ好日』というタイトルで、このホームページの日記がスタートしました。
2007年1月6日の今日、ある本の中に、偶然にも『日々是好日』という言葉が出てきました。
その本には、
「人生にはたまたま運がいいとか悪いということはない。
たゆまぬ努力で日々をよき日にしなさい」
「~~~~さいころの場合には、この目の出方は均等ですが、
運の場合は日々の思い、行動がさいころの目を変えます。
ですから、さいころの次の目が何かを知りたいと考えずに、
苦しくても悪いことをせずに、誠心誠意生きてゆくことが大事なのです」
と書かれていました。
“さいころの次の目が何かを知りたいと考えずに”
という一節にとても惹きつけられました。
自分に起きることは、自分がつくりだしている。
この日記を書き続けているうちに、その意味がじわじわとわかってきたような気がします。
さいころの次の目は自分自身がつくりだします。
次の目を先に知りたいと焦るよりも、今ここにある現実の目を大事にする。
新たな年の始まり、この日記のタイトルを再度考える時間を与えられました。
2007年、日々是好日が始まりました。
2007年、みなさんの日々是好日もスタートです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top