漫画家 加藤芳郎


メモを整理していると、1年前の新聞の切抜きが出てきました。
それは、漫画家の加藤芳郎さんの訃報の記事でした。
この人物のことを日記に書こうと思い、切り抜いておいたものです。
この訃報記事の人物、加藤芳郎さんは、私が子供の頃、よく観ていたテレビ番組『連想ゲーム』の
白組キャプテンでした。
そして、この白組キャプテンは、“野口英世”という人だと思っていました。
偉い人は、連想ゲームでも偉い人なんだ、と勝手に思い込んでいました。
野口英世の伝記を読んで、その挿絵の風貌(モジャモジャ頭と口ひげ)とまったく同じだったので、
同一人物だと思っていたのです。
子供の頃の世界観は、自分の知ってる世界がすべてでした。
だから、時代なんか関係なく、野口英世=連想ゲームの人。
自分の世界が少しずつ広がってくるにつれ、
「あれっ?もしかしたら、この人、野口英世じゃないかも・・・」
さらに世界が広がり、知識が増してくるにつれ、
「この人、漫画家らしいぞ・・・」
違いが認識できるようになりました。
誰に話すともなく、自己完結。
これはほんの一例ですが、こうやって、物事を理解し、判断できるようになっていったのだな、
と思い出した記事でした。
あなたもそんな経験ありませんか?
加藤芳郎 ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E8%8A%B3%E9%83%8E
「野口英世に似ているとも言われた」と書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top