若年認知症


昨晩のNHKクローズアップ現代は、若年認知症がテーマでした。
働き盛りの40代で発症するケースが増えているようです。
今までどおり業務を行うことに時間がかかったり、出来なくなったりする症状が表れます。
周囲の理解が得られず、自主退職せざるを得なくなるケースも。
この病気について、企業側も知識を持っておく必要を感じました。
若年認知症の人の『働けるうちは働きたい』という言葉に、切実な気持ちが伝わってきました。
人に起こることは、自分に起こってもおかしくないのです。
出来ていたことや覚えていたことが、わからなくなっている自分自身を想像してみると、
決して他人事とは言えません。
スタジオゲストの松本一生さんのように、患者の気持ちに寄り添ってくれるドクターに
出会えるかどうかも、病気と向き合う時に大切なことだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top