奈良・桜井から山の辺の道をぶらぶら


%E6%A1%9C%E4%BA%95.%E5%96%9C%E5%A4%9A%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8.JPG
昨日は蒸し暑い一日でした。
そんな暑さの中、
山の辺の道を歩いてきました。
木立の生い茂っている場所は、
とても涼しく気持ちよくて、
自然の冷房は心身ともに心地よいものだと
思いました。
写真は山の辺の道中にある
喜多美術館の庭に点在するオブジェです。
ユニークなフォルムのヴァイオリンのオブジェが、いくつもあり、今にも音楽が流れてきそう♪
山の辺の道を散策していると、
この辺りは神話の時代からの日本を感じられます。
三輪明神を参拝。
6月はちょうど夏越祓(なごしのはらえ)の月だそうで、
夏越祓の3つの茅の輪を決められた順にくぐりました。
半年間の穢れが祓われるとのこと。
これで今年後半も元気に過ごせそうです!
また歩きに行きたくなる、歴史も緑も豊かな土地です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top