2020年8月

Zoomオンランセミナー開催します


コロナの影響で、友だちと気軽に会えなかったり、お盆休みも帰省できなかったり、
ここ数ヶ月、賑やかな場に身を置くこともなくなりしました。

ストレスを発散し緊張を緩める機会やコミュニケーションの場が
制限されている状況が長く続いています。

気づかないうにち、緊張や疲労、ストレスが蓄積されてきています。

日常生活の変化やストレスは、今、人の言動に影響が出始めているように感じます。

私のまわりでも、前向きな言葉が多かった人が、
最近、ネガティブな言葉を発することが増えてきたのが気になります。

いつも皆のことを考えて行動する人が、
自己中心的な考え方に変わってきているのがとても気になります。

「不安」が、ネガティブな想像を生み出し、
それが、他者への「不満」へと形を変えて表れているようにも思います。

あなたは大丈夫ですか?

メンタルヘルス(こころの健康)を保ち、これから先の未来がよくなる方向に進むようにと
オンライン・セミナーを企画しました。

大丈夫な自分を確認するために、大丈夫なこれからをつくるために
ご参加お待ちしております。

場所を選ばないでご参加いただけるセミナーです。

     ☆Zoom開催☆
~不確実な時代をこころ豊かに生きる~
   メンタルヘルス・セミナー


なにも考えない時間


昨日は、コロナ感染が増加し始めて、実施が危ぶまれていた担当の研修を無事に終えました。

ひと安心した帰りは、あべのハルカス16階の庭園でしばし休憩。ボーっとしてきました。

ただ景色を眺めるだけ。
なにも考えない時間もたまにはいいですね。

なにも考えない時間が、
よく考える時間と考えを生まれるスぺースをつくってくれる。

ボーっとした後で、そう思いました。

↓ビルの窓ガラスにも空が広がっています。
↓窓の清掃作業??のゴンドラが2台、
張り付いているように見えます(怖ッ!)


バックミラーだけを見て運転すると!?


「過去に起きたことが原因となり、今の状況がある」

はい、確かにそうです。

ただ、前に進みたいとき、
過去の起きたことに囚われ、こだわっていると
前に進みにくくなります。

コーチング中、クライアント(お客)さんが運転する車の助手席に
私は乗っているイメージをしています。

タクシーとは、逆ですね(笑)
コーチングでは、車を運転するのは、お客(クライアント)さんです。

クライアントさんが、過去にすでに起きたことだけにしか目を向けていない状態は、
「バックミラーだけを見ながら車を運転しようとする」ようなものです。

クライアントさん自身、気づきにくいのですが、これはよく起きます。

バックミラーだけを見て運転すると・・・どうなります?
衝突事故を起こします。アブナイ。アブナイ。

起きたことに囚われ、こだわっていると、前に進みにくくなる。
というか、それ以前の問題ですね。

それでは、どうすればよいのでしょう?

難しいですか?? それとも簡単ですか??

前を見て運転する。
進行方向を見る。

車の運転の基本と同じように、前を見ることです。
進行方向を見ましょう。

クライアントさんが、前を見て運転できるよう運転しやすいよう
コーチの私は助手席からサポートします。

そのようなかかわりのなかで、お互いの信頼関係を築きながら、
クライアントさんは、進む先をしっかり見て、
バックミラーも確認しながら、安心・安全に進みます。

前を見ることは、とても大事です。
進む先・目的地を決めて、進む先を見ることは大事です。

目的地がはっきり見えれば見えるほど、進みやすくなります。

コーチは、車に乗り込む前に、クライアントさんが行き先がはっきり見えるように
行き先を想像するサポートもします。
コーチは、運転するクライアントさんが、いろんな視点から確認したり、気づいたり、
考えたりできるよう横でしっかりサポートします。

コロナ禍の先の見えにくい今こそ、進む先を見ることが必要です。

ご一緒に未来に向かって進みましょう!


Top