学びコラム

新人看護職研修~ストレス・マネジメント~


一昨日は、大阪府看護協会さまにて
新人看護職の方々のストレス・マネジメント研修でした。

いつも感心することは
看護職の皆さんは、研修の30分以上前に会場に到着して
待機してくださっている方々も多く、開始前には全員揃ってくださっています。

研修を進行する側としては、定刻に開始できるので
時間管理がスムーズでとても助かります。

他施設の方々でグループになっていただいたので
最初は、皆さん緊張気味でしたが、互いに自己紹介を始めると
すぐに打ち解けて、会場には笑顔があふれました。

15.7.27看護協会ストレスマネジメント

ストレスを味方にしてしまうくらい考え方や心の持ち方をやわらか~くして
フレッシュな社会人一年目を元気よくいきましょう!

15.7.27看護協会ストレスマネジメント2


新人&中堅看護職のコミュニケーション研修


7月のはじめは、大阪市内の総合病院にて
新人看護職の方々と、中堅看護職の方々を対象にした
2種類のコミュニケーション研修を担当しました。

新人の方々の研修は、100名弱の皆さんに向けて
社会人基礎力にあたる内容の研修を行いました。

急性期新人研修15.7.3

続いて別の日
新人さんを指導する立場にある中堅の方々の研修では
新人さんの目標に向けての行動をサポートする仕組みづくりの
コーチングをロールプレイで体験していただきました。

急性期ラダーⅢ研修15.7.7

皆さんがいきいきと笑顔でお仕事するための
エッセンスに、きっかけに、していただければと思っています。

こちらの病院には、10年近くお世話になっています。
コーチとして育てていただいた、私の育ての親のような存在の病院です。
感謝の気持ちを込めて、これからも、全力を尽くしてまいります。


リーダーシップを高めるイメージ・トレーニング【参加者の感想】


6月19日・21日は、主催セミナーを実施しました。

今回のテーマは、『リーダーシップを高めるイメージ・トレーニング』とし

具体的には、リーダーシップの3つの力
1)全体をとらえる力
2)自分を客観的にとらえる力
3)相手と同じ視点に立つ力
を高める内容でした。

イメージ・トレーニングに楽しく取り組んでいただき、想像することの
大切さを再確認する充実したセミナーとなりました。

ただ、“イメージ・トレーニング” の “イメージ” がし難かったのでしょうか?
参加者がいつもより少なかったのが残念でした~(笑)
(内容が良いだけに、ほんとに残念・・・)

今後は、より多くの方々のお役に立てるようセミナーの発信や伝え方を
工夫していこうと思います。

ご参加の皆さんの感想を一部ご紹介します。

***********************************
○自分の興味のあることから話を広げてくださったので、とても気持ちが入っていきやすかったです。
相手の視点になって、自分の見られ方を感じることができました。そのときは分からなくても、分からないことを受け入れるということが、相手の理解につながることに気づきました。
日々様々な場面で役立つことだと思ったので、仕事面で主に活用したいです。

(K.S様 30代女性・病院勤務)

○イメージは苦手なほうで、ちゃんとイメージできるかな?大丈夫かな?と思っていましたが、導入のワークを時間をかけて丁寧に行ってもらったので、大事な部分のイメージが、スムーズにできました。とても嬉しかったです。
心で感じながらイメージすると、ふだん気づかなかったことにも視野が広がるのを感じました。

(20代女性・看護師)

○全体の流れが心地良かったです。
「地球一周 空の旅」でイメージがどんどん膨らんだからか、職場を全体的視野からとらえるのが、そんなに難しく感じませんでした。楽しくイメージできて、とても面白かったです。職場の人間関係に活かそうと思います。

(30代女性・看護師)

○リーダーシップを高い壁のように感じていたけれど、イメージ・トレーニングのいろんなアプローチで、リーダーシップのとらえ方に柔軟性が出てきたように感じました。今までガチガチに考えていて、しんどかった自分に気づきました。イメージ・トレーニングは、リーダーシップに限らず、他のこともやわらかく考えるきっかけになりそうです。ありがとうございました。

(K.T様 40代女性・会社員)

セミナー会場からの風景です。
150621_131232


6月19日(金)開催セミナー 参加受付中です!


今週末6月19日(金)は、主催セミナーの開催日です。

今回は、『リーダーシップを高めるイメージ・トレーニング』です。

3つの筋力を鍛えマッスル(笑)
1)全体をとらえる力
2)自分を客観的にとらえる力
3)相手と同じ視点に立つ力

イメージ・トレーニングとコミュニケーションで
リーダーシップのための3つのチカラをUPしましょう!

詳しくは、セミナー情報、または、ホームをご覧ください。

ご参加をお待ちしております♪


セミナーづくり、私の場合


6月19日(金)と21日(日)は
『~もっともっといい関係に♪~
リーダーシップを高めるイメージ・トレーニング』を開催します。

セミナーの内容や構成を考えるのは、産みの苦しみが伴う作業ですが
それ以上に、楽しいものでもあります。

私の場合、最初に行うのはセミナー全体の構成です。
これは、たいていカフェのざわざわした空間で作ります。

人の話し声や動きがあるほうが、なぜかはかどります。

カフェにいる他のお客さんと直接話すことはないけれど
その空間にともにいる、というコミュニケーションが生まれ
人の会話や動き、店内の音などの刺激を受けて
私のなかの「静」が「動」に変化していくように感じます。

そして、いちばん大切にしているには
参加者のいきいきとした笑顔をありありと想像しながら
セミナーづくりに集中する!であります(笑)

視野を広げて、いきいきと笑顔も拡げて
もっともっといい関係をつくってほしいと願っています。


伸びる人が育つコミュニケーション・セミナー【参加者の感想】


新しい人間関係が始まる節目の季節、4月11日(土)と17日(金)の2日は、
『伸びる人が育つコミュニケーション・セミナー』を開催しました。

2015.4.11.セミナーウルトラマン
今回は、甥っ子に貸してもらったウルトラマンも登場し、「人が育つコミュニケーション」について
お互いに思ったことや考えていることを口にして、深めていきました。

2015.4.11セミナー信号機
手作り感いっぱいの信号機です!!
信号機にたとえての解説は、とてもわかりやすいと好評でした。

毎回、職場環境の違うさまざまな方々にご参加いただいています。
それぞれの方の環境や背景の違いが、お互いの発見や気づきを生むきっかけに
なっています。

ご参加の皆さんの感想を一部ご紹介します。

***********************************
○人は感情を持った生き物だから、やっぱり“心”だなと思いました。
人の嫌な所を見つけれる人は、良い所も見つけれる力を持っている。その言葉に本当に共感し、わかっていたようで、新たな発見でした。
人にやさしくまではムリな時もあるけれど、笑顔でいられるようにしたい。その笑顔が皆に広がればいいと思いました。

(K.K様 30代女性・看護師)

○「相手にどうなってほしいのか」「先入観は相手に伝わる」・・・すごくドキッとしました。自分はどうしてたかな?と振り返ることができました。
皆さんの意見を聞きながら、色んな考えがある事に気づきました。私自身、正解を求めてしまうタイプなので。
まず、正解をさがす(きく)前に、自分が考えてみること!!を実践しようと感じました。

(20代女性・介護福祉士)

○上司からまさに今指導して頂いた内容(客観視)であったので、その事についてどうして見ていくのかが印象に残った。
色んな方の思いをきき、そして、それを受けとめ、理解したことで、次に活かせそうだと思いました。

(30代女性・看護師)

○いらない感情、いやな部分が、自分の中にたくさんあり、紙に書いた時、あまりの多さにびっくりしました。自分自身を見直すことができて、とてもよかったです。
いつも参加した後、今までの自分よりよくなっていると感じます。

(I.T様 40代女性・介護福祉士)

○普段、できていてあたり前に思っているようなことでも、意外と全然できていないと気づかされたところが印象に残りました。
人を育てるにあたり、型にはめるのではなく、いかに個性を大事にして良い所を伸ばすかということに気づきました。

(M.T様 30代男性・介護福祉士)

○ゆったりとした中で、でもメンバーの話も沢山きけて、満足感が高かったです。
自分の日頃での実践や課題の再確認でした。自分のイヤな部分や感情を捨てる方法として、紙に書いて破るのは有効でした。また使います。

(塚原敏美様 社会福祉事業職員)

○教えすぎたり、決めつけてしまうことで、自分で考えることをなくしてしまう。
後輩の育成に役立てようと思います。自分で考えて行動できるように、リーダーシップがとれるよう指導に役立てていきます。

(川内智淑様 看護師)

○信号の色にたとえた考え方は、おもしろく役に立ったので、自分の行動や言葉、やってきたことを見直すきっかけになりました。
伝えること、教えるべきこと、考えてもらうことを、しっかり整理できると、会話が出来ると思います。

(40代男性・歯科衛生士)

○「褒める」と「認める」の違い、タイミングを学ぶことができました。日々していることではあるけれど、再認識、確認できました。
今回も楽しい時間を過ごすことができ、同じ施設でもお話することができないので、今回はできてよかったです。

(30代女性・看護師)

○早すぎず、遅すぎず、リラックスできました。少人数でよかったです。
「わかったつもり」になっていることを実感しました。

(Y.K様 40代女性・看護師)

************************************

ありがとうございました!

次回開催は、6月19日(金)と21日(日)の午後を予定しています。

6月は、この4月のセミナーご参加の皆さまから頂いたリクエストの中で
多かったものをテーマしてみようかなと考えています。


患者と医療者の“協働”の実現


3月最終の土日は、5年ぶりにコムルの集中電話相談「COML110当番」でした。

コムルの電話相談などの活動に関わって10年になります。
日常の相談は、医療者でないボランティア・スタッフ(私もその一員)が
相談者の抱える問題を一緒に考え、問題整理のお手伝いをしています。

この土日の集中電話相談は、医療者の方々の協力を得ての実施でした。

私が受けた相談の内容が、専門分野に当たる医療者の方がいらっしゃったので
代わって相談を受けていただき、本当に心強く感じました。

コムルが目指す「患者と医療者の“協働”の実現」のひとつの形として
今回の集中電話相談「COML110当番」を強く意識し実感した一日でした。

NPO法人 ささえあい医療人権センターCOMLのブログ『COML110番終了』
☆2枚目の写真、右手の黄緑のバッタみたいなのが私です(笑)


新人看護職員研修責任者フォローアップ研修


先週は大阪府看護協会さまにて
新人看護職員研修責任者のフォローアップ研修を担当させていただきました。

教育担当者・実地指導者の育成のためのコーチングということで
人を育成するためのコーチング・スキルを身につける研修ではなく
育成のために、責任者の「物事や人のとらえ方・考え方の視点を広げ、
気づき・発見・選択のきっかけをつくる」研修を行いました。

「話す」と「聴く」を軸に
特に、自分自身とのコミュニケーションの質を高めていただく内容です。

責任者としていろんなものを背負っている皆さんが、笑顔になっていくのがとても印象的でした。
研修のように、仕事も、真面目に楽しんでいただきたいです。
一緒に学びあえたことに心から感謝です。

15.3.6大阪府看護協会フォローアップ研修


随時受付中!お試しコーチング


随時、お試しコーチングをお受けしています。
何事も試してみないことには始まりません。
肩の力を抜いて~、深呼吸して~、初めの小さな一歩、思いきって試してみませんか?

1回に限り45分5,000円です。メールまたは電話でお問合せください。
※メールの場合、件名は『その他』をお選びいただき、メッセージ欄に「お試しコーチング希望」とお書きいただき、「ご希望日時」をご記入ください。


言葉を育てるコミュニケーション・セミナー【参加者の感想】


昨年に引き続き、今年も2か月毎に主催セミナーを開催します。
今年最初は2月14日と20日に『言葉を育てるコミュニケーション・セミナー』を開催しました。

工夫を凝らした楽しいコミュニケーション・ゲームを通じて
「言葉を育てるとは?」をたっぷり考えていただく時間となりました。

楽しく遊んで、しっかり振り返る。
皆さん、だんだんと子どもの頃に戻って
好奇心いっぱいにチャレンジしてくださいました。

全員初対面とは思えないほど、全員でたくさんたくさん笑って盛り上がりました!!

「言葉を育てる=考える力を育てる」

何事も自分で考えてこそ、言葉は育つ、を実感したセミナーでした。

ご参加の皆さまの感想を一部ご紹介します。

***********************************
○ゲームを通じて気づくこともたくさんあり、楽しく学ぶことができました。
自分を認めること、他人を認めることの大切さを学びました。まずは相手の想いを聞く!!ことから実践していきたいです。

(20代女性・介護福祉士)

○ゲームを取り入れた内容で楽しく参加できたので、時間は短く感じましたが、調度よかったと思います。退屈することがありませんでした。
結果を早く出さなくてはいけないと思いすぎていたように思います。何事も相手(自分以外の人)あってのもの。もう少しゆっくり接したり考えたりしたい。
はまちゃん(主催者・浜端久美)がほんわかしていて安心できました。

(S.N様 30代女性・看護師)

○やはり人の話を聞くということがベースになっているなと感じました。コミュニケーションは相手があってのこと。頭ごなしに言うのではなく、自分も伝える言葉の内容をまず考えてから口に出すことが重要だと気づきました。

(T.M様 30代女性・看護師)

○とても楽しかったです。時間があっという間に過ぎました。
ひとつの事、ひとつの答えにこだわらず、相手の話を聞く自分作りをしていきたい。
即興小説、とてもおもしろかったです。

(40代女性・介護福祉士)

○相手のことを考える、言葉を考える・選ぶことの大切さに気がつきました。
早速今日気づいたことを、病棟でのスタッフ間や患者さんとのコミュニケーションに活かしたいと思いました。
少人数だったのでフレンドリーな感じがして面白く感じました。

(M.T様 30代男性・介護福祉士)

○普段、自分が突拍子もないことを言うことが多いのですが、ゲームでもその傾向が出ていて性格が出るなと思いました。ついつい話を聞かずに茶々を入れてしまうのも自分の傾向だと思いました。
コミュニケーションの目的をはっきりさせることが大切だというのが心に残りました。

(N.H様 30代女性・看護師)

○年齢は異なるけれど、思っていること、悩んでいることは、似ているんだと思いました。
相手の認識を確認することは大切だと思いました。伝えたように伝わってないこともやはりあるんだなと思いました。
仕事上のことなど話せてよかったと思います。なかなか話す機会がないので新鮮でした。また参加したいと思います。

(30代女性・看護師)

************************************

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

次回は、4月11日(土)と17日(金)の午後開催予定です。

春は、どんなテーマが皆さんのお役に立つだろう?

楽しく思案中です~。


Top