学びコラム

研修と組み合わせた個人コーチングについて(1)


新人看護師を支援・指導する看護師を対象にしたコーチング研修を実施し、その後、その方々に個人コーチングを行いました。
コーチング研修と個人コーチングの両方を受けた方々のお声と、お声に加えて、コーチの視点からも解説します。

✦個人コーチングを受ける前と受けた後での意識や行動の変化について

(Aさん)
個人コーチングを受けたことで、自分が“傾聴”や“承認”をできていないことに気づくことができました。そして、そのことを意識することで、最初はうまくできなかったのですが、少しずつ行動できるようになってくると、「もっと相手のことを知りたい」という気持ちに変わり、相手のことを知ると、良い所は自然と言葉にして伝えられるようになってきました。

 個人コーチングでは、実際にコーチがどのように「傾聴」し「承認」するかを体験できます。その体験は、研修で学んだ「傾聴」や「承認」への理解をさらに深め、実践へのステップ台になります。研修では知識としての理解で終わりがちですが、実際に「知っている」と「できる」は大きく違います。Aさんは、個人コーチングを通して、ご自身の「傾聴」「承認」の現在地に気づき、その気づきがAさんの行動を変え、さらに気持ちの変化につながったと考えられます。
また、個人コーチングによって、自分を知ることで、他者を知ろうとする心の変化と行動の変化をもたらします。

(Bさん)
浜端コーチに自分の考えや思いを伝えることで新たな気づきや課題、目標としているところには何が必要なのかを考える機会になった。そのため、以前までは他の実地指導者に任せていたことも多かったが、自分から(新人に)かかわりに行く回数も増えたと思う。また、自分の考えだけではなく、相手のことを理解しようと思うことで、今まで抱いていた先入観なくかかわることができたと思います。

 自分の考えや思いを安心して話せる安全な環境と関係をBさんとともにコーチはつくっていきます。育まれる関係性のなかで、課題や目標に対して、新たな気づきが生まれ、何が必要なのか未来に向けて自分自身で考えやすくなります。自分で考えることで、「自分からかかわりに行く回数も増えた」という行動変容が起きています。その行動変容は、相手を理解しようとする心の変化につながっています。

(Cさん)
コーチングを受ける前は自分自身の限界はここまでなのか、自身の成長はこれ以上は伸びないのではないか、実習指導、実地指導、救急チームの委員会をしているが、自身の伸びしろに悩んでいた。コーチングを受けた後、受ける前に悩んでいた不安は軽減できた。消極的に捉えていた自分をより良いほうへ考えることで色々な工夫をする点を改めて見つめ直すことができた。それを実際の勤務のなかで実践し行ってみた結果を評価した。

 Cさんのように自分に限界を感じることは誰にでもあります。コーチング中、Cさんは自分のこともまわりのこともあきらめていない人だと感じました。
人は無意識では「成長したい」と思っています。無意識ですので、このことに気づいている人はほとんどいませんが、人は常に成長を望んでいます。よりよく変わりたいと思っていても、そのきっかけがないだけです。きっかけさえあれば、人は変われます。
ただ、きっかけは自分ではつくりにくいものです。変わりたくても自分一人の力では変われないのです。一人ではなく、コーチとともに。コーチは心強い存在です。コーチは、成長のきっかけをつくります。よりよい未来に向けて、よりよく考えるためのきっかけになるコミュニケーションをとります。

(Dさん)
コーチから一日一笑というリクエストを受けて、それを実践することにより、仕事が少し楽しく感じるようになりました。新人さんにも何気ない会話をしたり、接する時間を少しでも取れるように心がけ、以前よりは距離が縮まったのかなと思います。

 前進するためにリクエストをすることもあります。Cさんの笑顔はCさん自身とまわりによい変化をもたらすだろうとリクエストしました。リクエストは、相手の状況やその人に合わせて行います。リクエストに対してどうするかはDさん自身で選んで決めることができるとお伝えしています。常にその人の主体性を尊重してかかわります。

(Eさん)
個人コーチングを受ける前は、新人へ指導するときや普段のかかわりのなかで、どう声をかけたらいいのか分からない部分が多く、理解できているのか把握できなかったり、新人とのあいだに距離があり、相談しやすい関係になれていないと思うことがありました。個人コーチングを受け、指導の際に(新人の)良いところを具体的に伝える、分からないところを答えやすいよう声かけを意識し、ふだんから何気ない会話を増やすように心がけるようにし、以前に比べると新人との会話が増え、距離も近づけたように感じます。

 新人さんとどんな関係なのか「関係性」が、指導や教育に影響します。相手との関係性が、会話の量や距離感に表れます。
また、Eさんのように相手の良いところを具体的に伝えるには、相手をよく見てよく聴くことが大事です。そのために、研修では「傾聴」と「承認」を学びます。日常での「承認」実践のサポートを個人コーチングで行うこともできます。実践の振り返りはコーチング・スキルの定着を促進します。

(Fさん)
今までは人と話をするとき(悩み事、相談話をするとき)、相手の話をしっかり聞こう、何かアドバイスを求められていると思い構えてしまい、途中から意識を自分が向いて、話を聞きながらも頭のなかで色々と考えて、自分自身混乱することが多かったです。結果、相手にアドバイスできたのかな、何か解決できる手助けになったのかなと自分で不安になることが多かったですが、コーチと話しながら自分の傾向に気づき、自分の(相手の)話をきくときの“クセ”を意識することで、変に構えることなく話を聞こうと思えました。まだ意識が相手や自分を行き来することが多く、(意識が)自分に向いている時間が長かったと思うこともありますが、コーチングを受けている図書館の風景を思い出し、相手に意識を向ける、何か言わないといけない、求められていると考えず、まずしっかり相手の話、思いを聞いて(最後まで)一緒に考えていけたらと思い、意識しています。

 Fさんは、自分の傾向に気づき、話を聴くときのクセを意識することで、聴く姿勢を整えています。そして、聴くことを「構造化」しています。構造化とは、仕組みづくりです。
コーチングを受けている図書館の風景を思い出して、最後まで相手の話を聴いて
一緒に考える、という構造(仕組み)をFさん自身で見出しています。人に言われたことをするよりも、自分自身でこうしようと決めたことは無理なく行動に移すことができ、それがいちばんの糧になり、行動変容につながります。

(Gさん)
まずコーチと話をすることで、単純に気持ちが楽になりました。今まで自分では色々と考えて前を向いて進んでいると思っていましたけれど、実際には違ったと…。しっかりと「明るい未来を見る」を考えて行動するようになりました。

 自分の思っていることを言葉にして出すことで、こんなことを考えていたのかと自分の話したことが自分に返ってきます。それによって気持ちが楽になるということが起きます。また、コーチは堅苦しくなく気楽に話してもらえるユーモアや遊び心をもってかかわります。
コーチングは、未来に向かって行う対話です。たとえば、北に進みたいのに北北西に少しずれていると目的の北にはいつまでたっても到着できません。進めば進むほど、大きくズレが生じ、目的への到達が困難になります。それほど、見る方向は重要なのです。Gさんがどこを見て話しているのか?コーチは常に意識してかかわります。


目指すのは満点?それとも満面?


毎年、複数の医療機関や企業で
新人職員のコミュニケーション研修を担当しています。

ここ数年、特に強く感じる傾向は
「失敗したくない」という気持ちの新人さんが
以前より増えているということです。

皆さんもご存知のように
失敗したくなくても、失敗します。
失敗したことのない人なんていません。
(大門未知子は別として…笑)

新人さんには
「仕事は、自分が100点満点を取るためにあるんじゃないよ。
学生の頃の勉強とは違うよ」

ニヤッと笑って、耳元でコッソリささやいてあげたいです。
(悪魔のささやき!? 違う違う~。天使のささやきです♪)

100点満点とは、自分につける点数です。
自分のことを見ていると
「失敗したくない」になります。

仕事の先にいるお客さん(患者さん・学生さん)を見ると
どんな気持ちになりますか?どんな考えが浮かびますか?

お客さんのほうを見ていて
「失敗したくない」という気持ちが浮かんできますか?

もし、失敗したくない気持ちが浮かんだ人は
お客さんを見ているようで見ていない、ということです。
よくよく見てみると、自分に意識が向いている、自分を見ていませんか?

仕事のとき、どこを見ているか?は、とても大事です。

自分の満点ではなく
お客さんの満点の「満面の笑み」見て、そこを目指す。

そうすると「失敗したくない」以外の
ポジティブな気持ちが出てきますから!

今回は、新人さんに向けてのメッセージになってしまいました。

新人さんを支援する人は、新人さんの見る方向を整えてあげてください。

もっと大事なのは、支援する自分自身の見る方向を常に整えることです。
新人さんの見る方向より、こちらが先ですね。


言葉の『前提』を聴く


私たちは、人と言葉を介して意思疎通を図ります。

言葉はとても大事ですが、
人の発する「言葉にとらわれすぎない」ようにすることも大事です。

言葉そのものには、それほど意味はないと言ってもよいかもしれません。

言葉にとらわれないで、その言葉の「前提」は何かを聴き取ることが大事です。

____________________________
ある研修の仕事の数日前に、研修担当者から電話がありました。

配布資料の印刷レイアウトについての確認でした。

担当者「(パワーポイントの)スライドを、A4用紙1枚に、4スライドずつでいいですか?」

私 「はい、それでお願いします」

お電話いただいた内容は、メールですでに伝えていたので
何でわざわざ聞いてくるのだろう?と少し引っかかりながら電話を置きました。

電話を切った後で、なぜわざわざ確認の電話をくれたのか?に思い当たりました。

前回の研修の際は、A4用紙1枚に 「2スライド」 で印刷をお願いしたからだ、
そう思い当たりました。
前回は「2スライド」だったのが、今回は「4スライド」だったので
間違いはないか確認のために聞いてきてくれたことに気づきました。
____________________________

相手の言っている言葉に焦点を当てるよりも
「どうして、このことを言っているのか?」
「その言葉のもとになっているのは何か?」を聴き取ることが大事です。

物事や仕事、人間関係をより円滑に進めるためのポイントでもあります。

質問して、前提を聴き取る。確認する。

相手の本当に言いたいこと・伝えたいことは、そこ(前提)にあります。

私の場合、研修当日になりましたが、担当者に
「前回2スライドだったから、今回4スライドでよいのかお電話くださったんですね?」
と確認したところ、やはりそうでした。

少し考えてみると分かることですが
自分自身の発する言葉も、その言葉を口にする「理由・前提」が必ずありますよね。

「言葉」だけでなく、「行動」もそうです。前提ありきです!

人の発する言葉にとらわれすぎないようにして
前提を聴き取りましょう!

いろんなことがスムーズに進む秘訣です。


やめろと言われても


やめろっと言われても~♪ ヒデキ!!
西城秀樹をご存知でない世代の方、ごめんなさい。

今回は、やめられないのには理由がある、というお話です。

NHKラジオ『子ども科学電話相談』のなかで
「ゲームやお菓子をダメと言われると、ついついやってしまいたくなる」
という小学5年生からの相談がありました。

そこで、専門家の先生が『カリギュラ効果』のお話をされていました。
昔、『カリギュラ』という残酷な内容の映画があって
ある場所では公開禁止なり、禁止されていない場所に大勢が観に行った。

禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことを
『カリギュラ効果』と言うそうです。

先生の話では、
「ゲームしちゃダメ」と言われると、ゲームしている様子が浮かぶ。
「やめろ」と言われると、実は「やる」ということを頭の中で想像してしまう。

それをやめようとするから、逆にやる準備を脳の中がやってしまっている。

ゲームをやめようと思って、やめるのは実は難しい。
どういうことかと言うと、「やめろ」と言われるとむしろ頭は「やろう」とする。
「やめる」というのは、頭の中でなかなか思いつきにくい。

ゲームをしたくなったら「やめる」ではなくて、
「本を開く」「笑っちゃう」「腹筋する」だとか
「~~する」という何かすることを決めて、する。

禁止・やめるは、動作として頭に浮かばない。

だから、「行動を想像する」のをやる。
できれば、ゲームと同じような楽しいことをやる。

このようなお話をされていました。

「チョコレートを食べる」
「チョコレートを食べない」

確かに、どちらもチョコレートが浮かびます。
「食べない」も「食べる動作」を想起してしまいます。
食べるのをやめるは、なかなか想像しにくいです。
やめても、口の中にチョコが入っています(笑)

言われたことを
「悪い方に△△と考える」
「悪い方に△△と考えない」

「悪い方に△△と考えない」も、悪い方に考えてから
考えないでおこうとするので、悪い方に△△を考えるをやめるのは難しいです。

私たちの頭の回路は、私たちの与り知らないことになっています。

大事なのは「やめる」ではなく、「行動を想像する」

「チョコレートを食べる」は、甘~い誘惑に負けないで
「お茶を飲む」「口をモグモグ動かす(想像で食べちゃいます!)」
「ストレッチする」などできそうです。

「悪い方に△△と考える」、これは「思いきり笑う」をしたいです。
「冗談を言う」「歩く・走る」「美味しいものを食べる」なども浮かびます。

先に陥りやすいパターンを想定して、そのときの行動を準備しておくこともできます。

「~~しないでおこう」よりも、「○○をしよう」を増やしていくと
いろんなことが好転するきっかけになりそうです。

また、この先生は
「ゲーム依存は、どんどん他の好きなことが減っていくのが問題。
ゲームが問題じゃなくて、ゲーム以外に対する興味や関心、楽しみが
どんどん減っていくのが問題」とも話されていました。

世の中やまわりを好奇心をもって見る目は、いつまでも持っていたいものです。


こころの余裕をもつ コミュニケーション・セミナー【参加者の感想】


9月~10月にかけて、オンライン・セミナーを主催しました。

皆さん日々お忙しく過ごしていると思います。
忙しくてもこころの余裕をもって、仕事や生活を送ってほしいと思い、
『こころの余裕をもつ コミュニケーション・セミナー』を開催しました。

いろんな絵を使って、ひとつ見ると、他が見えなくなりやすい傾向や、
「違い」を見分けるのは得意傾向にあることなど、ものの見方を
体感していただきました。

参加者の感想を一部ご紹介します。

************************************
◆ 考え方をほぐすワークは面白かったです。他の参加者の方の発想に
そういう捉え方もありなんだ!と物事を別の側面から楽しく考えることができました。

◇ 「~かもしれない」という発想は普段の生活の中では意識することではないので、そういった考え方を何か問題などが発生した時、意識して使いたいと思います。また、絵のワークでは見方を変えることで、見えてくるものが違う面白さがあり、他者の意見がどの方向から来ているのかを考えるようになりました。

◆ 初対面の方ばかりだったのですが、とても話しやすくて、セミナーの終わり頃には、不思議と心にゆとりが生まれてくる感じがしました。「ゆとり」とは温かい気持ちなんだと思いました。ありがとうございました。

◇ いつもの自分の思考を一時停止してみると、いろんな可能性が目の前に広がるのだと気づきました。自分の考え方に執着しすぎると、見えるものも見えなくなるのですね。

◆ いかに日常の雑事に時間を使っていたのかを知ることができました。本当に大事なことに着手するきっかけになりそうです。この続きのセミナーもあれば参加したいです。

◇ 久しぶりによく笑った楽しい時間でした!いろんな視点から話したり、他の方の話を聞いたりすると、自分の考え方のクセに気づけて、そのクセが、物事の優先順位をつけるときに影響しているんだと分かりました。優先順位を考えるときに活かしていきたいです。

◆ 皆さんと話して、ストレスが少し軽くなった気がします。気持ちが軽くなるとゆとりスペースができるように思いました。

◇ 堅苦しく考えてばかりいて、まわりのことが見えなくなっていました。楽しい発想に触れて、もっと楽しくやっていってもいいんだと思えるようになりました。これからが楽しみです。

************************************

ご参加ありがとうございました。

日常でも「~かもしれない」をやってみてください。
こころの余裕をつくりましょう!


動くと変わる


歩く。走る。車で移動する。

動くと、目に映る風景はどんどん変わっていきます。

右足を一歩、踏み出すだけでも見え方が少し変化します。
(実際にその場でやってみてください!)

「あの人は、〇〇な人だ」
私たちは、人に対する固定観念を持っています。

私たちは、同じ場所(立ち位置)にいて、そこから動くことなく
「あの人は、〇〇な人だ」とさらに固定します。

さて、あの人は、本当に〇〇な人なのでしょうか?

同じ場所から動かないでいると、「〇〇な人」でしょう。
ガチガチに「固定」していますから。

まずは、固定していることに気づこうとするのが大事です。
固定していることに気づかないと「〇〇な人」のままです。

固定させているのは、相手ではなく、自分です。

こちらが一歩動くだけで、相手の見え方がほんのちょっと変わります。
(実際にやってみてください!)

「あの人は、〇〇な人だ」以外にも
こういうところもあるんだ、と違う一面が見えたりします。

そうなると、もっと違う面もあるのでは?と好奇心が生まれます。

好奇心は、固定観念の囚われを解してくれます。

ちょっと動くだけです。
その「ちょっと」最初の一歩が難しいかもしれません。
ただ、動かないと何も変わらないし始まりません。
動くと変わり始めます。

自分の見方が変わると、相手との関係性も変わり始めます。

固定して動かないと、流れは淀みます。臭ってきそうです。
動くと、流れが生まれ、流れ始めます。

流れは、淀みなく流れるのが本来の姿です。


よい風を吹かせていますか?


ある夏の暑い日、扇風機をまわしていました。
その扇風機の上(時計で例えると「12時付近」)に
小さいタオル・ハンカチを載せて乾かしていました。

何も載せていないときより、いつもの涼しい快適な風が私の所まで届きません。
ハンカチを載せているから・・・当たり前ですね。

よい風を吹かせたいなら、ハンカチを取り除けばよいのです。
扇風機本来の使い方です。
扇風機の機能が十分に発揮されるのは、何も載せていないときです。

******
そのとき、ハンカチをチョコンと載せた扇風機の姿に
自分自身の姿が重なりました。

「私は、よい風を吹かせているだろうか?」

私の上に何かが載っているとしたら? 
突如、載っているものの姿が現れました。

ゴジラ出現ではないですから、慌てる必要はありません 笑
あとは、この載っているものをどうするか決めればよいだけです。

どうするか?とは、取り除くも良し、そのものと向き合うのも良し
今は載せたままにするも良し、載せたまま風量を上げるも良し…

「どうするか」の「選択肢」をたくさん出して、
その中から、今どうするかを選んで、「決めて」「実行する」だけです。

扇風機を「自分」と見立てて、その上に何かを載せて
少し離れたところから眺めてみましょう!

扇風機をまだ片づけていなければ、一度試してみてください。
(テレビでもできそうです)

何が見えてくるでしょう?
どんなことに気づくでしょう?

ご自身に好奇心を持ってくださいね!


【オンライン・セミナー開催】こころの余裕をもつ✦コミュニケーション


今週末から主催セミナーがスタートします。

今回は日程を選びやすいように9月と10月あわせて6回開催します。

お一人さまで、お誘いあわせのうえで、気軽にお越しください。

8月のときのご案内とは、別バージョンの案内文をつくりました。
ご覧ください。

~ 忙しくてもゆとりのある快適な毎日を❢ ~
こころの余裕をもつ✦コミュニケーション・セミナー

☆セミナーのチラシPDFはコチラのバージョン(2)をご覧ください
☆チラシのバージョン(1)はコチラをご覧ください

いつも忙しくて何かに追われていると感じていませんか?
忙しさが過ぎれば、余裕ができるから、今は仕方ないと諦めていませんか?

こころに余裕がある》と
広い視野(全体的視野)から物事や人を捉えられるようになります。
そうなると、物事の判断材料が増え、適切に判断できるようになります。
そして、本当にやりたいこと・やるべきことが何か分かります。
時間管理が上手くなり、自分のための時間をつくることができます。
そうすると、ストレスも軽減します。

こころに余裕がない》と
まわりのことが見えなくなります。
まわりの人のことや起きていることの全体が見えないから
判断ミスが起きます。
時間が足りなくて、自分の時間もつくれません。
本当にやりたいこと・やるべきことが何か分からないので
優先順位がつけられず日常の忙しさに追われ、ストレスが増します。

・・・ここから先の未来は、あなた自身で選べます!!

参加者全員で対話しながら進めるため少人数での開催です。
初対面でも和やかに安心して話せる場です。
どうぞお気楽にご参加ください。

<セミナー内容>
✦こころの余裕をもつための3つのポイント
✦ものの見方・とらえ方に気づく
✦考え方をほぐす・ゆるめる
✦仕事・人間関係・時間・ストレス~ゆとりスペースをつくる

<日 時>
9月18日(土)
9月24日(金)
9月25日(土)
10月6日(水)
10月16日(土)
10月23日(土)
※いずれも14:00~16:00
※各日とも同じテーマです。参加日をお選びください

<会 場> オンライン開催(Zoom使用)
パソコンやスマホから簡単にご参加いただけます

※Zoomは、パソコンやスマホを使用して、オンラインで会議やセミナーができるアプリです。
主催者からの招待リンクをクリックするだけで、どこにいても参加することができます。
※初めて使用される方は、アプリのダウンロードが必要です。方法はお送りします。簡単です。
※つながるかどうかや操作がご不安な方は、当日13:00~、または数日前に試行もできます。試行のご希望日もお気軽にお申し付けください。

<定員> 各日 6名様まで

<参加費> 各日 3,500円(税込)

<お申込み> セミナー予約フォームからお申込みください

※お申し込み後、メールにて参加費のお振込先をご案内いたします
※各開催日の2日前までにお申し込みください


ありがとうごっこ♪


いろいろ試してみるのが好きなわたし。

これをするとどんなことが起きるだろう?
好奇心から始めたのは「ありがとうごっこ」です。
…ほのかにアブナイ人の匂いが漂ってます??笑

この「ごっこ遊び」は、一人でスタートしますが
なぜか相手も自然と加わってくれる遊びなのです。

一緒にあーそーぼ!と声をかけるわけではありませんが
仲間入りしてくれます。

例えば、離れて暮らす両親。
特に父とは電話でもあまり話すことはなかったのですが
今はなかなか会いに行けないので、電話で話すようにしています。

最近の出来事やとりとめもないことをお互いに話します。
このとき「ありがとうごっこ」をします。
父が「話してくれる」ことは、私に「教えてくれている」ことと受けとめて
(教えてくれて)「ありがとう」と言葉にして伝えます。

これを積み重ねていくと、何回目かの電話から、父からも「ありがとう」と
私に言ってくれるようになりました。それも自然に、です。
お互いのあいだに「ありがとう」の言葉の交流が増えました。

父は「ありがとうごっこ」していると知らないのがミソです。笑

人と話すときも「ありがとう」なことを伝えると
相手にも「ありがとう」の言葉が増えます。それに笑顔も増えます!

いつも行くお店では
いつもより元気な声で店員さんを見て「ありがとう」を伝えると
店員さんもいつも以上に気持ちのよい「ありがとう」を笑顔で返してくれます。

「ありがとう」は本当に素敵な言葉です。
こちらが「ありがとう」を楽しんでいると、相手も加わってくれる言葉です。

いくつになっても、子どものような好奇心を持って
健全に「ごっご遊び」やってみませんか?


曇りのない目で運転しましょう


車を運転するのは何のためですか?

理由は、人それぞれです。

でも、どの人も違わないことがあります。

それは何でしょう?

「目的地に向かって進む・移動する」ということです。

基本的には、前方を見て運転します。
適宜、ルームミラーやサイドミラーで後方を確認します。

自分の目に映る前方の光景と、ミラーに映るバックの光景を
信じて進みます。

*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.

私たちが目標に向かって前進しようとするときを
車の運転に置き換えてみましょう。

車の運転中に、目の前の光景を見るように
目の前に現れる問題や課題を曇りのない目で見ることができているでしょうか?

車の運転中に、バックミラーで過ぎ去った後方の光景を確認するように
過去の出来事を曇りのない目で振り返ることができているでしょうか?

車のミラーは、ありのままの光景や世界を映し出します。

しかし、私たちのこころのミラーは、出来事をありのままではなく
自分の解釈によって映し出します。

私たちは、自分のミラーが曇っていることに気づかないでいます。
自分のもののとらえ方によって映し出されていることに気づかないでいます。

そのこと自体に、自分一人では、なかかな気づけないのです。

そんなとき、より早く快適に目的地や目標に向けて前進するために
コーチは、あなたとともに、曇りのない目で
あなたのミラーに本当は何が映っているのかを見出す対話をします。

二人だと心強いですし、なんだかワクワクしませんか?


Top