日々これ好日

明るく前進!2022年


あけましておめでとうございます。

「あけまして」は「明るくなる」ということです。

これをお読みの皆さんが、光の差すほうに向かって進んでいる。
そして、皆さん自身が明るくまわりを照らして元気に前進している。
そんな明るい2022年をイメージしています。

皆さんと皆さんのまわりに、笑顔が広がることを願っています。

今日は、七草粥で温まりたいですね。
コロナ感染がまた広がりつつある今、無病息災、長寿健康の願いを込めて。

↓ 元旦、東大阪市・枚岡展望台より。
よく晴れていたので明石海峡大橋まで見えました。
見通し良く2022年スタート!


人との交流の大切さ


2021年もあとわずかです。

昨年に引き続きコロナ禍のこの1年、日常の変化を実感しています。

私が仕事上で感じる人の変化は
研修の際、コロナ前に比べると、参加者どうしの距離が縮まるのに
少し時間を要するようになったことです。

特に医療従事者対象の研修を多く担当しています。
皆さん、多忙を極め、仕事中のちょっとした会話や雑談も減って
お昼ご飯も一人で黙食、仕事以外で人とかかわる機会も調整しています。

人との交流の機会が減っているため、研修で初対面の人とかかわる際、
最初はどうしても日常の距離感がそのまま表れます。
参加者は、どのくらいの距離感でかかわるのかよいのか
迷いながら始まる印象を受けます。

密にならないよう研修内容を構成しているということを差し引いても
日々の職場でのコミュニケーションが減っているのが伝わってきます。

職場のスタッフと、患者さんと、他職種と、
コロナ前よりコミュニケーションの機会が少なくなっているのが
よくわかります。

高齢者も外出せず家にいるようになって
他人との交流の機会がなく、認知機能が落ちているという現実もあります。

人とかかわることは、
仕事はもちろん、健康や幸福にも大きく影響するのを実感しています。

2022年は、他者とのかかわりを大切にすることを意識して
一歩一歩着実に前進していきませんか?


看護学生さんたちと一緒に!


キンモクセイの甘い香りが漂い、自然のアロマテラピーが嬉しい季節です。

看護専門学校さんの授業は、社会人対象の研修やセミナーとは
また違う楽しさや難しさを感じつつも
毎回発見があり、学生の皆さんから刺激を受けています。

コーチングのクライアントさんや研修の受講者の皆さんともそうですが、
私の姿勢や考え方、関係の築き方が、学生さんたちの可能性や成長の伸びしろに
どのように作用するかを考えてかかわっています。

学生さんたちと一緒に、私も成長していきたいと思います!


看護学生と看護教員の人間関係論


今年は、看護学校での『人間関係論』を担当しています。

長年、看護教員を養成する大阪府専任教員養成講習会の
『人間関係論』も担当してきました。

先生と学生の両方にかかわることができるのは本当に嬉しいです。
嬉しい以上に、身が引き締まります。

看護学生さんたちの「今」ある人間関係と
看護師として働き始めて広がる「未来」の人間関係。

「今」と「未来」の人間関係の両方を同時に見て、授業をしています。

便宜上は「先生」ですが、学生さんの未来を一緒に見て進む
「パートナー」「コーチ」としてかかわっています。

看護師としていきいきと働く明るい未来に向けて
心を込めてしっかり支援していきたいと思います!


「こだわり」が邪魔をする


先日、ある人のひと言で、とらえ方がガラリと変わる体験をしました。

同じ物事に対して
他の人の考えや意見を聞くことの大切さを実感する体験でした。

物事をとらえる視点が増えると
それを覆っていた何かがガラガラと崩れ、本当の自分の考えが現れます。

すると、そのことを自然に全体を俯瞰して客観的に捉えることができました。

見えなくしているのは、邪魔をしているのは、
自分自身の「こだわり」だったりします。

自分で自分の邪魔をしちゃいけませんね!笑


足踏み状態に弾みがつく


先日、尊敬する先輩方であり友人のコーチたちと
久しぶりにZoomでおしゃべりしました。
二人とも私の話を受けとめて聴いてくれました。

Aさんは、私の言葉にならない大切にしているものを
ふわりとすくい取って伝えてくれました。

Bさんは、気持ちがスカッと軽くなる力強い言葉を
投げかけてくれました。

足踏み状態に弾みがつき、ここから先の行動の道筋が見えてきました。

「受けとめてもらう」
「私の鏡となって伝えてもらう」

この2つだけでも、視点が変わり可能性がひらけます!


リフレッシュしましょう!


今年の夏、お盆休みの方はどのようにお過ごしでしょうか?

複雑な状況のなかで開催された東京オリンピックが終わりました。

新種目のスケートボード、スポーツクライミング、空手、
サーフィンのテレビ観戦はとても新鮮な体験でした。
競技のルールや専門用語など新しいことを知るといった
発見があるのは楽しいですね。

緊急事態宣言中、出かけて新鮮な体験がしにくいなか、
今回のオリンピックには、救われた感があります。
リフレッシュできました!
パラリンピックも楽しみに観戦したいです。

9月10月開催のセミナーは、気軽に出かけられない今、
楽しくリフレッシュしていただければと企画しました!
ぜひご参加ください。

忙しくてもゆとりのある快適な毎日を❢
✦こころの余裕をもつ✦コミュニケーション・セミナー


雹(ひょう)と植物~雑記


昨日の東大阪は、午後から雷雨がすごかったです。
雹(ひょう)まで降ってきて驚きました。
目に見えない遥か上空では、何が起きているの?
朝ドラのモネに質問してみたくなりました!(『おかえりモネ』の影響大)

見えないものは、想像する力で見ようとすることも大事ですね。

~~~~~~~~~~~~
ベランダのサボテンの花は咲き終え
他の植物たちが、勢いよく茂りはじめました。
その伸びやかな成長は、見ていて気持ちよいです。

植物と同じように、人の成長も見ていて気持ちのよいものです。
そういう気持ちのよい光景がたくさん増えるよう がんばって仕事しよう!
小さなベランダで、伸び伸びと思いが膨らみました(笑)


あきらめない サボテンの花


10年ほど前、実家から貰ってきたサボテンに
今年初めて花が咲きました。黄色いかわいい花です。
日を追うごとにつぼみが増えています。

今まで花をつけたことがなったので
花は咲かないものとあきらめていたところに
突然のプレゼントのような開花!気持ちが明るくなります。

暑い日も寒い日も変わらず何年もベランダにあるサボテンに
「あきらめちゃいけないよ」と力づけられました。

何年も何年も「とき」をかけて、今ようやく花を咲かせたサボテン。
今日もベランダで、いつもと変わらず、ありのままの姿を見せてくれています。

このサボテンのように、私も「とき」を重ねて
誰かを力づける存在でありたい、サボテンを前にそう思わずにはいられません。


チャンスはセット・メニュー!?


緊急事態宣言が再延長され、先行き不透明な日々が続きます。

新型コロナウイルス感染症が私たちにもたらしたもの、
それは「変わる」ではないでしょうか。

人の行動が変わる
人と人との関わり方が変わる
仕事の仕方が変わる
症状が急変する
今まで当たり前だったことが通用しなくなり価値観が変わる、

さまざまに社会・世界・個人が大きく変わっていく真っ最中です。

変化は「不安」でもあります。
同時に、変化は「チャンス」でもあります。

この先の未来に「不安」を見るか?
「チャンス」を見るか?

自分次第で如何様にも見ることができます。

また「チャンス」は、他のものと連絡し合っています。
連動します。

ピンチ
チャンス
チェンジ
チャレンジ

この4つは、セットメニューのようなもので
ひとつ注文すると、ほかのどれかも出番だ!と付いてくる(笑)

こう捉えてみると、視野が広がって、面白いですね。

コロナの長丁場、どこかに軽やかさも携えて乗り越えたいものです!


Top