日々これ好日

私の夏バテ対策


猛烈に暑い日が続いています。

何もしなくても、汗がダラ~、体力を消耗します。

私の夏バテ対策のひとつは、「昼寝」です。

昨日も午前中の研修に出かけ、太陽のいちばん高くて暑い時間帯に
帰宅しました。
研修の疲れも多少ありますが、暑さで体力消耗、クタクタでした。

昼食をとった後は、私の夏バテ対策「お昼寝」タイムに突入~!

深く眠って、すっきり目覚めて、気持ちよく仕事に取り掛かりました。

昼寝ができるのは、自営業の良い所ですね(笑)

短い睡眠でも、体力が回復するように感じます。
それに、暑さでボーッとした頭もスッキリします。

昼寝で暑い夏を乗りきるぞー!


大阪城散策


一週間前の日曜日は、大阪城の近くで仕事でした。

仕事が終わって、お天気の良さに誘われて・・・
大阪城やその周辺を散策しました。

空の青さに負けないくらい、大阪城がとても美しいです。
ビューティふぉー♪

150621_153850

大阪城は、観光客、特に、外国人観光客で賑わっていました。
日本の、大阪の、良い思い出のひとつにしてもらいたいですね。

石垣の階段を上ると、この風景が目の前に広がりました(下の写真)。
市民の森の手前に、人が立ち入らない緑が茂っているところがあるのを
発見しました!
気持ちよい風に吹かれながら、緑を眺めて、ほっと一息つきました。

150621_160719

歩き疲れたけれど、満足感のある散策でした。


堀文子【一所不在・旅】展~「群れない」「慣れない」「頼らない」


画業80年・堀文子の展覧会に行ってきました。

堀文子【一所不在・旅】展

初期から現在(97歳)までの作品が130点も展示されていて
全部観終わるのに3時間かかりました。

美術展でこんなに鑑賞時間が長かったのは初めての経験でしたが
あっという間の充実の3時間でした。

年代によって、作風が変わっていきます。
変わっていくというより
あえて、自分を変えていくことを選んでいる人です。

どの年代の作品もとても魅力的です。

作品以上に、私の感じるいちばんの魅力は
「群れない」「慣れない」「頼らない」という信念を貫く
彼女の生き方そのものです。

生き方が、作品に表れています。

作品のなかの植物や生きものたちの生命と堀文子の生命が
織りなす「生」が、どの作品からも伝わってきます。

今回は、人生の大先輩の素敵な女性と一緒に鑑賞しました。

この日、この大先輩との会話のなかで
私が答えを出そうとしている “人生でとても大切なこと” に
気づくことができました。

この大先輩をはじめ、堀文子のような存在の女性が
私のまわりには、何人もいることにも気づき
豊かな関係のなかに身を置かせていただいていることに
ただただ感謝するばかりです。


今年もカルガモ親子


今年も近所の川では、カルガモ親子が元気いっぱい泳いでいます。

子ガモは13羽、日々すくすく成長しています。

カルガモ親子をひと目見ようと、人垣ができる光景は
この時期のローカルな風物詩になりつつあります。

カルガモ親子を見物する人は、誰もが笑顔になっています。

カルガモたちの一生懸命に生きる姿は、人の心の純粋な部分に直接届くのか
誰もがやわらかい笑顔、優しい表情をしています。

この世界が、こういう笑顔のあふれる優しい世界だったらな~
夢想してしまいました。

見る人を自然に笑顔にする。

カルガモたちは、相手を笑顔にしてやろうなんて考えていません。

ただただ真っ直ぐに生きているだけです。

私も真っ直ぐに、自然に、生きていこう。

そうすれば、誰かが笑顔になるかもしれない・・・
やっぱり人間だから期待してしまいますね。

~カルガモのいる川沿いの遊歩道~
遊歩道15.5.10


軽やかな季節


ウォーキング&ランニングは、桜並木の遊歩道が私のいつものコースです。

昨日は、桜のつぼみの存在感が急に増したように感じました。

冬の寒さに耐えているように見えた木自体、溌剌さが増し
つぼみは、ぷっくりと膨らみ始めています。

冬の寒さも栄養としていたのなかと思います。

桜の季節、大好きな季節の到来~!

心軽やかに、走る足取りも軽やかになりそうです♪


『まいにち、修造!』 効果!?


最近の習慣です。

私の一日は、この日めくりをめくることから始まります。

面白くて元気が出ます。

ココロもアタマもカラダもいったん緩んで~~締まる!!感じです。

朝から鼻歌を歌っている自分に気づいて驚きました。

鼻歌が出るぐらい、朝から軽やかな気分でいられるということですね♪

おかげさまで、今日も楽しく集中してお仕事しましたよ~!


2015年、始動!!


150104_111802

年末年始は、いつもどおり実家でゆっくり過ごしました。
「いつもどおり」に過ごせることの有り難さや幸せが、年々増してきています。

実家近くのいつもの散歩コースから眺める海も、いつもどおり目の前に在りました。
写真は1月4日、昨日の景色です。
海も空も境なく溶け合っているかのように、美しい地球の色・青が広がっていました。

2015年、海と空とともに始動!!
今年もよろしくお願いします。


妖怪ウォッチ


期限切れの近づいた映画館の招待券があったので
今回はふだん観に行かないような映画を観てみようと思い立ち
今、子どもたちに大人気の映画『妖怪ウォッチ』を観に行ってきました(笑)

子どもとお父さん・お母さんの親子連れはもちろん
子どもとおじいさん・おばあさんの孫連れが多かったのが意外でした。

映画は、子どもだけでなく、大人の世代・・・おじいさん・おばあさん世代も
親世代も、それに、映画好きにも楽しめる設定になっているなと思いました。

自分の子どもの頃のアニメを思い出しながら観ていると
あっという間に終わってしまいました。

子どもたちはみんな、じっと座って集中して最後まで観ているのが
暗闇のなかでもしっかり伝わってきました。
最後の妖怪体操は、ノリノリで踊っていて、かわいかったです。

ジバニャン、かわいい~♪♪
気になる存在になりました(笑)


豪華絢爛~伊万里展 


この連休中に、東洋陶磁陶磁美術館で開催されている
『IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器』に行ってきました。

オランダ東インド会社からの注文で作られ輸出された伊万里焼は
日本的な要素と中国的な要素の融合に、ヨーロッパ風アレンジが加わった豪華さで
当時のヨーロッパ王侯貴族の華やかな暮らしぶりを垣間見ることができました。

理容室のサインポール(赤・青・白)のような変わったデザインの磁器の
解説には「赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表し、当時、ヨーロッパの理容室では、
瀉血や外科治療も行っていた」とありました。

日本の理髪店の前でクルクル回転しているあのサインポールは
ヨーロッパ伝来の、古くからあるものだったと初めて知りました。
それに、理容室で医療行為がされていたことも新鮮な驚きでした。

東インド会社の貿易が盛んだった頃、東南アジアは、ヨーロッパの植民地時代でもあり
何事も明と暗があるのを実感した展覧会でもありました。

写真は、美術館の裏の銀杏です。紅葉がきれいでした。
美術館の表(玄関)と裏も見てきました(笑)

141122_105316


祝!合気道部創部50周年


先日、母校で所属していた合気道部の創部50周年記念式典(演武会)が行われました。

現役の後輩たちは、礼儀正しく、真心のこもった受け答え、快適なおもてなしで
迎えてくれました。

初めてお会いする歴代の先輩方や後輩と同じ場に居られる・・・じんわり感動でした。

そして、なんといっても、同期の仲間との久しぶりの再会!
とても楽しかったです。
同期11人中7人が、北海道、千葉、東京、静岡、奈良、兵庫、大阪と
各地から集まってきました。全員バラバラ~(笑)
一瞬にして、当時と同じ一体感を味わいました。
懐かしくって、楽しくって、あっという間に時間が過ぎていきました。

合気道部の周年記念は、5年毎に行われていて、40周年と45周年のときも出席しました。
卒業しても、こうやって帰る場所があるっていいですね。
私にとって、幸せな時間、大切な場所です。

京女合気道部50周年14.11.9


Top