日々これ好日

正倉院展~見えないものを見る力


週末の午前中、仕事先の病院へ向かう途中、大阪城のお堀端を通りました。

秋の陽光に柔らかく揺らめくお堀の水面と色づきはじめた木々が
とても美しく、しばし見とれてしまいました。

これから紅葉が深まると、同じ場所がまた違った景色を見せてくれるでしょう。
これからの季節が楽しみです。

仕事が終わって、午後からは完全オフ・タイム。
奈良に向かいました!
お目当ては『正倉院展』です。

その前に、東大寺周辺を少し散策しました。
人気スポットだけあって、観光客で賑わっていました。

池の紅葉が夕日に映えて、大阪城のお堀端とはまた違った秋の趣きを楽しめました。

正倉院展は、毎年ではありませんが行っています。
展覧期間が短いので、気づいたときには終わっていた~、もよくあります。

今回も行ってよかったなと思いました。

私にとっての正倉院展の魅力は、何と言っても
当時の「人」を感じられることです。

当時の人は、もちろんそこに存在しませんが
展示されている宝物ひとつひとつから
当時の人の姿や様子が、なぜか目の前にいきいきと現れてきます。

祭事に使う花籠(けこ)は、竹で美しく編み上げられています。
丹精込めて花籠を作っている人の姿や花が供えられている様子や儀式などが
浮かんできます。

「見えないものを見る力」を自然と引き出してくれる。

正倉院展は、まるで「コーチ」のような存在です。

コーチングで、コーチがすることと同じように感じます。

正倉院の展示宝物は
決して私をどうこうしよう、私を変えようとはしません。
私に押し付けるような行為もしません(動かないですから、できません笑)。

ただそこに存在するだけです。
その存在が、「見えないものを見る」きっかけをつくってくれます。

コーチとコミュニケーションを交わすことで
クライアントさんは、今まで見えていなかったものを自分で見つけます。

これが、クライアントさんとコーチとの関係性から創り出されるものです。

話を正倉院展に戻して・・・
後半に展示されている古文書にいつも興味深々です。

今回も「始末書」や「依頼書」など
当時の人を身近に感じられる文書が展示されていました。
現代人と同じようなことを当時の人もしていたことに
そんなに変わっていない部分もあることに、何とも言えない安堵感を覚えます。

当時の人の様子がありありと目の前に立ち上がってきて
想像力を膨らませて、楽しく遊びました。

今回の正倉院展で気づいたことは
結局のところ、私は「人」が好きなんだ、「人」を感じたいんだ
ということです。

だから、「人」とかかわる「コーチ」をしているのだと。

これからも、クライアントさんの「見えないものを見る力」
「見えているのに、見ていないものを見る力」を
正倉院展の宝物のごとく!? サポートさせていただきます!!


人生のリセットボタン・スタートボタン


仕事先からの帰り道、あるお寺の掲示板に貼られていた言葉が
とても素敵でした。

『人生にはリセットボタンはないけれど
スタートボタンは何回でも押せるんですよ』

体はその場で立ち止まっていますが、心は跳ねる感じでした。

スタートボタンは何回でも押していいんですよ、
と優しく温かく背中をそっと押してくれる言葉です。

今日も明日も、毎日スタートボタンを押し続けたいです。

軽やかに前進!!


「考える」を考える


最近、考える力をもっと養いたいという気持ちが大きくなっています。

今の時代、ネットで何でも簡単に知ることができます。

ネットがなかった頃は

アアデモナイ~
コウデモナイ~

まずは、調べ方を考えます。

なかなかたどり着けなくて

アアデモナイ~
コウデモナイ~

アアデモ~、コウデモ~を
何度も繰り返して
知りたいことにやっとたどり着きました。

知りたいこととたどり着く先の間には
「考える」という作業がたくさんありました。

その「考える」が、「次の考える力」を養う
土台になっているのではないかと思います。

ネットは、本当に便利です。得る物がたくさんあります。

ただし、便利さと引き換えに失っているものもあると思います。

私は自分で「考える力」が、弱くなってきているような・・・
少しずつ少しずつ失っているような・・・

ネットに限らず、便利で快適な暮らしを手に入れることで
失くしているものもある・・・便利さと快適さを享受しながら
頭の片隅にいつも引っかかっています。

私は自分で考えることを大事にしたいです。

考えるのは楽ではないけれど。

「考えるを考える」からスタート!


7年前の精神科看護の記事


先日、精神科の看護師さんの研修を担当させていただきました。

ご依頼者は、2010年8月号『精神科看護』の私の執筆文を読んで
ご連絡くださいました。

「管理者とスタッフ 思いのズレを考える」という特集のなかで
よりよい人間関係の構築に向けて、コーチングの観点から書かせていただきました。

そのなかの、「認めてほしい」「ほめてほしい」という期待を手放す
というのが印象に残ったとのとこでした。

期待を手放すのは、とても怖いことです。不安です。

しかし、期待を手放したその先には、何事も自分で選んで決めて生きる人生があります。

期待を握りしめていたときのような、怖さや不安は消えてなくなります。

先月、お会いした精神科単科病院の看護部長さんも
同じ精神科看護での私の記事を読んだとお話してくださいました。

7年前の記事を今も憶えてくださっていて、本当に嬉しいです。

内容は、今もまったく変わることのないものです。

変わったところがあるとすれば、
書いた内容以上に、広がり、深まっている、ということです。

パワーアップしています!

パワーアップしたコーチングに触れてみてください!


3人と4つ!?


昨日は、学生時代からの友人たちと久しぶりのランチ会でした。

あべのハルカスに行ったことがないという友人たちのリクエストで
ハルカスダイニングのフレンチを予約しました。

3人で少し贅沢なランチ会です。

「このコースを4つお願いします」と私。

「・・・」 しばし沈黙のお店スタッフ。

私たちは「3人」なのに「4つ」注文した私。
もう一人・・・どこにいるの??? ぎゃ~!!

この夏は猛暑です。
ちょっぴり稲川淳司の怪談風を注入して涼をとる・・・風流じゃないですか~(笑)

このことに限らず、脳と言語がつながっていない・・・最近多々あります。
年々、天然ボケ度があがっているような・・・きゃっ。

こうして私たちのランチ会は、大笑いで幕を開けたのでした~。

ゆったりくつろぐ空間と美しいお料理で暑気払いできました。
おしゃべりに花が咲いた楽しいランチ会でした♪


ステキな笑顔に囲まれて


4月から大阪府看護協会さまの講習会で
『人間関係論』を担当させていただいています。

とてもやりがいを感じています。皆さんの笑顔がステキです。
たくさんの笑顔に囲まれてお仕事させていただけることに感謝しかありません。
人の笑顔が、私の幸せの素だと実感しています。

この講習会も残すところ、あと1回。来週で私の担当は終わりです。
最終回の内容を考えるのが楽しみであり、名残惜しい・・・寂しくもあります。
最終回も丁寧に心を込めて、皆さんの心に届けたいです。
 

↓ 昨日の講習会。皆さんとお会いするのもあと1回です。

 

↓ 講習会の会場は大阪城公園の近くです。
講習会終了後、新しくオープンした「ジョーテラス」へ。

 

↓ カフェの窓の外に広がる緑が気持ちいい~。
風に揺れる木々を眺めながら、しばしボーっと。
その後、今週末の研修の最終準備。とても集中できました。
このカフェはまた利用したいです♪


4年ぶりの大分♪


先週は大分に行ってきました。

訪問先の病院近くは、田んぼが多く、子どもの頃を思い出しました。

田植え前の田んぼの匂いが好きだった・・・そんな記憶がよみがえってきました。

緑が多くて、ほんとに気持ちがよかったです。
それから、新鮮な海の幸をたくさん頂きました。美味しかった~。

いろんなものがほぐれる感じで、おおいにリフレッシュできました!

余裕のあるスケジュールではありませんでしたが、
気持ちに余裕が生まれる出張でした♪

↓ 訪問先の病院近くから

↓ 帰りの大分空港行きのバスの車窓から。別府の街並です。

↓ 大分空港に着陸前の飛行機

↓ 大分空港離陸後の景色。日没前の美しさを鑑賞。贅沢な時間でした。


みやまの里 森林公園 藤の花と山々の美しさ


連休は、和歌山の実家で過ごしました。

両親・妹家族と一緒に、日高川町のみやまの里森林公園に行ってきました。

ちょうど藤の季節、ふじまつりで賑わっていました。

藤棚の長さは、日本一だそうです。

上り坂の参道が続きますが、藤の花を楽しみながら、良い運動になります。

所々で藤の花の良い香りが漂ってきて
花の香りと山の新鮮な空気を思いきり吸い込みました。

展望台からの眺めは、とても美しく爽快です!
緑が目に気持ちよく染み込んでくる感じです。

下山道ももちろん藤棚の下を歩きます。
急な階段を下りるので、足元ばかりを見てしまって
肝心の藤を見ながら下りる余裕はありませんでした~。
転ばないように必死です(笑) 優雅さのかけらもございません!!
たまに立ち止まって、フ~ッと、一息ついて藤棚を見上げる感じです(笑)

そして今日は、予想通り筋肉痛です。。。

何はともあれ、健康的な休日、心身ともにリフレッシュしました!

幻想的な藤

鈴なりの藤の花

紫だけでなく、白やピンクの藤もいいですね♪

展望台から:山間に民家が広がっています

展望台から:山々とダム

展望台から:山の新緑に心が洗われます


桜・原風景


桜の盛りが過ぎた頃に生まれたからなのでしょうか
桜への思い入れが強いと感じています。

年々、桜への思いが深くなっています。不思議です。

子どもの頃の原風景にも、桜が存在します。

桜の頃が過ぎても、桜に思いが馳せます。

桜と猫

猫の目線の先に広がる桜


医療電話相談スタッフに復帰しました!


認定NPO法人での医療全般のご相談を受ける電話相談ボランティア・スタッフに
昨日、復帰しました。

1年半のブランクがあったので、大丈夫だろうか?と不安に思いながらも
いざ、ご相談の電話を受けると、集中してお聴きしていました。

やはり10年以上続けてきたことは、体が憶えているというか、忘れていないものですね。

本業のコーチングでもそうなのですが、「わたしって、人の話をきくのが大好きなんだな~」を
昨日も再確認しました。

電話相談から一旦離れることで見えてきたものもあり、
以前とはまた違った視点が増えていることに気づき、新たなスタートを切った気分です。

なによりも、相談スタッフの一員に加えていただいていることに感謝です。

これからも、細く長く続けていきたいです。


Top