2025年に向けて~看護師さん・医療現場で働く人をコミュニケーションで応援します!

9年後の2025年、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上の時代がやって来ます。“2025年問題”と言われています。人口構造が大きく変化し、社会全体そして医療現場も現在とは大きく異なる状態が予想されます。(内閣府ホームページ)

10年後の変化に対応していくためには、今から大小さまざまな事象の変化にしっかりと対応できるコミュニケーション力が必要となります。
そのためには、柔軟な思考や感性を備えた豊かな人間性が求められます。豊かな人間性の表れのひとつとして、常に自身で考え選択する主体的なコミュニケーション力が挙げられます。

アルファ リレーションは、これからの10年、自分で考え選択し、主体的に活躍する医療現場で働く皆さんをコーチングを軸としたコミュニケーションを通じて、地道に着実にサポートします。
医療現場で働く皆さんが、変化にしなやかに対応し、いきいきと笑顔で元気よく活躍するためのきっかけをたくさん創り出します。

無料お試し個人コーチング受付中

2015年11月より、大人のための電話相談サイト(女性専用)『ボイスマルシェ』でも専門家として
相談員を始めました。
ボイスマルシェでは、新規会員登録(無料)で「お試し25分コース」を1回無料でご利用いただけます。予約も簡単、通話料もかからず、匿名でご相談いただけます。お気軽に体験してみてください!
コーチ・浜端久美 のお試しコーチングのご利用をお待ちしております。

お申込み受付中! ~ 特別企画セミナー ~
医療・福祉現場で働く人のための 人を理解する&人間関係が楽になる
◆◆コーチング思考コミュニケーション◆◆

こんにちは!コーチの浜端久美です。

この10年、多くの医療者の方々をサポートさせていただくなかで
患者さんとのかかわりだけでなく、職場での人間関係やコミュニケーションの
難しさ、感情のコントロールでお困り方がとても多いと感じています。

そこで、相手に寄り添い、相手を理解する達人の井原くみ子さんを
ゲスト・コーチとしてお迎えし、井原コーチと浜端のダブル「KUMI」コンビ、
ふたりで進行する特別企画セミナーを開催します。

「職場での苦手な人とのコミュニケーション」ほか
井原コーチの豊富な体験エピソードを交えて
相手の思考過程の視点から捉えなおす「コーチング思考」と
対処法としての具体的なコーチング技術をご紹介、
実践ワークや対話を通じて気づきを深めていきます。

さらに、ご参加の皆さまのお困り事や体験をお聴かせいただき
それに即したコーチング思考や技術もお伝えします。

セミナー全体の流れは2日間同じですが、ご参加の皆さんと一緒に
つくってまいりますので、内容は一部違うものになります。
何が出てくるのか? 全員でひとつの場をつくる面白さを味わってみませんか?
ふたりのコーチでパワー2倍、ご参加の皆さんのパワーを合わせると、学びは数倍です!

また、より良い人間関係をつくる土台となる
『相手を尊重する』『相手を信頼する』コミュニケーションとは?
安心して話せる場とは?
井原コーチの皆さんへの関わり方を通じて体感なさってください。

皆さんの職場に日常に
ひとつでも多くの笑顔のコミュニケーションを広げましょう!

<こんな方におすすめです>
コーチングに触れるのが初めての方、なんとなくピンときた方、大歓迎です♪
☆もっと良い関係になりたい相手がいる
☆感情(特に怒り)のコントロールが難しい
☆職場のコミュニケーション環境を改善したい
☆コーチングの考え方や対処法に触れたい
☆人を理解する楽しさを味わいたい
☆もっと楽な気持ちで他者とかかわりたい

◆◆開催の意図やセミナー内容のもう少し詳しいご案内◆◆
この10年、皆さまの職場やプライベートでの困り事や課題、お悩みに触れ続けて
まいりました。

困り事や課題は、“人と人とのあいだ”で生じます。
出来事は、対人関係の中で起こります。

そのとき、私たちは自分の考え方・自分側からの見方で
その困り事や出来事を捉え、解決しようとして、うまくいかなかったり
行き詰ったりすることがあります。

解決の鍵となるのは、相手を理解することです。
「相手を理解するのは難しくて、理解しようにもコミュニケーションの取り方が
分からない・・・」こんなお声を数多く聞いてまいりました。

皆さんのお声には、一緒に楽しく良い仕事をしたいという情熱、
相手をサポートしようとする思いやりや優しさが詰まっているのを感じます。

一日看護体験させていただいた際も、皆さんの仕事への前向きな姿勢、真剣な
仕事ぶりを間近で拝見しました。
後ろ向きではなく、前向きな姿勢から発せられる切実なお声なのだと実感しました。

そこで、このセミナーでは、コーチングの考え方(コーチング思考)に
触れていただき、物事の捉え方を広げ、ときには発想を転換し、相手を理解する、
人(自分)と人(相手)がつながるコミュニケーションを体感していただきます。

「相手を理解する」ために本当に必要なことは何でしょうか?

意外に思われるかもしれませんが、それはまず「自分を知る」ことです。

自分の「□□□」や「△△△」に気づくことです。
私たちのコミュニケーションを含む人生全体に大きく影響しているのが、
実は、自分の「□□□」や「△△△」です。・・・

この続きは、コチラ↓↓をご覧ください。
セミナー開催にあたって

<日 時> 2016年9月23日(金)・24日(土) 13:00~17:00(12:45開場)
※参加日をお選びください ※両日の内容は一部異なります
<参 加 費> 各日とも 8,000円(税込)
<参加人数> 各日とも 30名様
※開催2日前までお申込み受付 ※満席の場合、キャンセル待ち受付

<会 場> エル大阪(大阪府立勤労センター) 研修室 (23日10階/24日5階)
大阪市中央区北浜東3-14
●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
<講 師>   井原 くみ子 & 浜端 久美
私たちは『人の笑顔を大切に』しています!

<お申込み> 「こくちーず(告知’S)」専用ページからどうぞ ↓
http://kokucheese.com/event/index/412617/

※後ほど、参加費のお振込口座をご連絡いたします
※参加費は、お申込み日より10日以内にお振込みをお願いいたします
※お振込みをもってお申込完了とさせていただきます
※お振込み後のキャンセルは、開催日2週間前まで、振込み手数料を差し引いて
ご返金いたします

<講師プロフィール>
………………………………………………………………………
井原 くみ子(いはら くみこ)
………………………………………………………………………
国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ
生涯学習開財団認定マスターコーチ

三重県四日市生まれ、東京都在住。
大学では社会福祉を専攻した後、重度身体障害者療護施設にて介護士として
勤務しながら、実践を通してアクティブリスニングと心のケアを学ぶ。
2000年より現職。企業研修、コーチ育成クラスの受講者数はのべ2万人。
著書『人間関係が楽になる医療・福祉現場のコミュニケーション -コーチング思考で”人”を理解するための25の事例-』 2015年出版
ホームページ http://www.kimochi-kumiko.com

……………………………………………………………………
浜端 久美 (はまばた くみ)
……………………………………………………………………
生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ

和歌山県生まれ、東大阪市在住。
国内外のお客様と接するホテル勤務15年後、2004年コーチとして独立。
医療現場で働く方々へのコーチングを10年、個人コーチングは2,400回以上。
NPO法人にて患者とその家族からの医療全般の電話相談を1,400件以上受ける。
いきいき笑顔ひろがる、いきいき生命かがやくコミュニケーションを目指す。

気楽にさらっと読んで、ひと息ついてくださいね!ブログ『さいだねからの手紙』

ほんのひととき、ほっと一息つけるような、心が穏やかになるような、優しい気持ちになるような
考え方が柔らかく広がるような、そんな小さな短い手紙をお届け中です。

『さいだねからの手紙』 こころ穏やかに、軽やかに、笑顔でいきいきと過ごす毎日がイチバン!

コーチング・スキルの観点から ~よりよい人間関係の構築に向けて

%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E7%9C%8B%E8%AD%B78%E6%9C%88%E5%8F%B7.jpg

精神科医療に従事する方々向けの雑誌 『精神科看護』8月号の
特集“ 管理者とスタッフの思いのズレを考える ”のなかで、コーチングの観点からのコミュニケーションについて掲載いただきました。
看護師長やスタッフからの6つの具体的な状況に対して、コーチングではどのように関わることができるかをご紹介しています。
精神看護出版 ホームページはコチラから

いきいきスマイル  コーチング講座 “ いきいき生きるために ”

総合生活情報誌 『いきいきスマイル』(編集・企画/毎日新聞大阪センター 取材協力/川村義肢株式会社)にて、コーチングに関する取材を受けました。

第5回目(最終回)インタビューのテーマは、“ いきいきと生きるために ”です。

最終回は、私の大切にしている“ さいだね(才能のたね)” についても掲載いただいています。


↑画像をクリックして拡大します。

 

Top