2025年に向けて~看護師さん・医療現場で働く人をコミュニケーションで応援します!

2025年、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上の時代がやって来ます。“2025年問題”と言われています。人口構造が大きく変化し、社会全体そして医療現場も現在とは大きく異なる状態が予想されます。(内閣府ホームページ)

今後の変化に対応していくためには、今から大小さまざまな事象の変化にしっかりと対応できる思考力とコミュニケーション力が必要となります。
そのためには、柔軟な思考や感性を備えた豊かな人間性が求められます。豊かな人間性の表れのひとつとして、常に自身で考え選択する主体的なコミュニケーション力が挙げられます。

アルファ リレーションは、2025年に向けて、自分で考え選択し、主体的に活躍する医療現場で働く皆さんをコーチングを軸としたコミュニケーションを通じて、地道に着実にサポートします。
医療現場で働く皆さんが、変化にしなやかに対応し、いきいきと笑顔で元気よく活躍するためのきっかけをたくさん創り出します。

《主催セミナー》12月1日・9日『協働性を高めるコミュニケーション』ご参加受付中です!

もっともっといい関係に♪
◆◆協働性を高めるコミュニケーション◆◆

最近、業務や役割が増えて負担に感じている。
常に業務に追われている。
そのうえ、お互いの理解不足で連携がうまくいっていない・・・
さらに忙しくなって余裕がない。

このような状態が続いていませんか?

無意識のうちに勤務表がいちばんの愛読書になっていませんか?

このような状態を改善し、良い循環をつくるためには
チームや多職種がお互いの専門性を発揮し、円滑に連携する『協働』が重要となってきます。

また、協働は、今後いっそう求められている安全・安心かつ質の高い医療の提供にもつながります。

協働によって物事が円滑に進んでいるとき、そこに“存在しないもの”は何でしょう?

それは【壁】(協働を阻害する要因)です。

今回は、協働を“人と人とのかかわりで起こるプロセス”という観点から捉え、
協働を阻害する目に見えない「壁」をテーマに理解を深めていきます。

一過性ではなく、持続可能な協働関係を創り出すために
人と人とのかかわりから協働について学ぶことで、問題点や可能性に気づき、
いきいきと働ける職場づくりのきかっけを見出しましょう!

初対面でも話しやすい安心感のある場です。
参加者全員で楽しく交流しながら、協働の認識を新たにする体験をしませんか?

<セミナー内容>
◆ 協働の「壁」(阻害要因)とは
・問題が起きる3つの領域と心理的影響
・仕事と仕事の間の壁/人と人の間の壁
◆ 人はどのようなときに協働するのか
◆ 協働性を高めるコミュニケーション

<こんな方のご参加をお待ちしています!>
★ 仕事や人間関係で何らかの「壁」を感じている
★ 業務の負担を軽減したい
★ 適切な役割分担を行い、業務の流れを円滑にしたい
★ チーム内やチーム間の調整に苦慮している
★ 協働のための思考と視点を持ちたい
★ 疲弊感やストレスではなく、成長感や充実感を感じたい
★ お互いの理解を深め、働きやすい職場をつくりたい

日 時  2017年12月1日(金)・9日(土) 13:30~16:30(13:15開場)
※参加日をお選びください ※両日とも同じ内容です
参加費  各日とも 5,400円
参加人数  各日とも 12名様まで
会 場 ドーンセンター 4階 小会議室4
京阪【天満橋駅】下車。1番出口より東へ約350m
地下鉄谷町線【天満橋駅】下車。1番出口より東へ約350m
JR東西線【大阪城北詰駅】下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m
お申し込み セミナー予約フォームよりご予約ください
※後ほど、メールにて参加費のお振込先をご連絡いたします
※お振込みをもってお申込完了とさせていただきます

ご不明な点は、お問い合わせください。

チーム医療・地域包括ケアシステムを推進する 多職種連携ワークショップ

医療・介護の需要が最大化する2025年の超高齢社会到来において、高齢者医療・介護ニーズの増加や多様化への対応がいっそう求められるなか、医療と介護の連携は必須となります。
院内でのチーム医療はもちろん、地域包括ケアシステムにおける多職種の連携が、システムを動かし地域社会を支え、地域社会の未来をつくる、と言っても過言ではありません。
システムがより円滑に機能するための要となるのは、「人」です。医療・介護にかかわるあらゆる人の連携が、システムの推進力となります。

特に、地域医療構想・地域包括ケアシステムのように大きく複雑なシステムを推進するためには、目の前にある個別の問題解決を考える従来の分析的思考では対応に限界があります。
多様な視点からシステム全体を理解し、要素のつながりを構造的にとらえる思考(包括的思考)による問題解決が必要となってきます。
包括的思考法を体感することで、多職種連携を推進するための意識変容を促し、マネジメント力・リーダーシップを高めるワークショップをご提供します。

詳しくは、お問い合わせください。

看護職の方々のコーチング・コミュニケーション各種研修を承ります

看護協会様、病院様からよくご依頼いただく研修テーマです。
◆新人看護職員研修責任者フォローアップ研修
◆新人看護職員ストレス・マネジメント研修
◆新人看護職員リフレッシュ研修
◆プリセプター・看護学生実習指導者・教育担当者コーチング研修
◆新人看護職員コミュニケーション研修
◆看護師長コーチング研修
◆副看護師長コーチング研修
◆主任コミュニケーション研修
◆プリセプター保健師コーチング研修 など
全国どこでも参ります。詳しくはお問い合わせください。
電話:06-6730-1428  メール:ham@a-relation.com

%e6%80%a5%e6%80%a7%e6%9c%9f%e6%96%b0%e4%ba%ba%e7%a0%94%e4%bf%ae15-7-3-hp%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%a8

気楽にさらっと読んで、ひと息ついてくださいね!ブログ『さいだねからの手紙』

ほんのひととき、ほっと一息つけるような、心が穏やかになるような、優しい気持ちになるような
考え方が柔らかく広がるような、そんな小さな短い手紙をお届け中です。

『さいだねからの手紙』 こころ穏やかに、軽やかに、笑顔でいきいきと過ごす毎日がイチバン!

コーチング・スキルの観点から ~よりよい人間関係の構築に向けて

%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E7%9C%8B%E8%AD%B78%E6%9C%88%E5%8F%B7.jpg
精神科医療に従事する方々向けの雑誌 『精神科看護』8月号の
特集“ 管理者とスタッフの思いのズレを考える ”のなかで、コーチングの観点からのコミュニケーションについて掲載いただきました。
看護師長やスタッフからの6つの具体的な状況に対して、コーチングではどのように関わることができるかをご紹介しています。
精神看護出版 ホームページはコチラから

いきいきスマイル  コーチング講座 “ いきいき生きるために ”

総合生活情報誌 『いきいきスマイル』(編集・企画/毎日新聞大阪センター 取材協力/川村義肢株式会社)にて、コーチングに関する取材を受けました。

第5回目(最終回)インタビューのテーマは、“ いきいきと生きるために ”です。

最終回は、私の大切にしている“ さいだね(才能のたね)” についても掲載いただいています。


↑画像をクリックして拡大します。

 

Top