英国ロイヤル・オペラが来日!


英国ロイヤル・オペラが今年9月に来日すると知りました。
http://www.nikkei-events.jp/opera/royal.html
18年ぶりの来日です。
“タイ米”いいえ“大枚”を叩いて、
18年前、この英国ロイヤル・オペラを観に行きました。
20代前半だった私はコツコツと貯めたお金で、
気合を入れてチケットを購入したのを思い出します。
あの頃の私には、かなり高額の出費でしたが、
本物のオペラを観たい!という熱い思いが圧倒的勝利。
作品は『ドン・ジョヴァンニ』。
本物のオペラ歌手の声量やオーケストラの臨場感にも驚きましたが、
何よりも、舞台美術の美しさには息を呑みました。
すっかり魅了されました。
比較するのは、どちらにも失礼な話ですが、
子どもの頃からテレビで、吉本新喜劇を見慣れて育った私にとって、
吉本新喜劇の舞台セットが基準となっていたので、
英国ロイヤル・オペラの舞台芸術を目の当たりにした
あの時の衝撃と感動は筆舌に尽くし難い、と言うしかありません。
その時の私の顔には、「カ・ル・チ・ャ・ー・シ・ョ・ッ・ク」という文字が
クッキリハッキリと浮かんでいたことでしょう。アハハ。
終演後、「ブラボー!」と前列中央の辺りに立つ人の後姿に見覚えがあると
思ったら、私の勤める会社(当時)の社長でした。
社長はタキシードに蝶ネクタイの正装姿で、興奮気味にブラボー!
社長も来られていたのかと嬉しく思いました。
と同時に、社長という地位になると、あんなに良い座席を確保できるんだな~、
少しばかり虚しさを感じた記憶もなきにしもあらず・・・です。
若いときに、上質のものに触れることは大切だと、
18年の歳月を重ねた今、つくづくそう思います。
若いうちに体験した上質感やカルチャーショックは、
その後の自己形成や成長に影響があったのではないかと思っています。
18年ぶりの来日のニュースに、18年前の舞台が鮮やかに蘇ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top