陪審員制度 『12人の優しい日本人』


もしも日本に陪審員制度があったら?
という設定の1991年制作の映画 『12人の優しい日本人 [DVD]
ちょうど陪審員制度がスタートのこの時期。
タイムリーに深夜テレビで放映されていました。
映画は脚本・三谷幸喜らしくコメディーです。
「無罪」か「有罪」か。
話し合い(議論)を重ねていくうちに、
被告人と被害者、そして、12人の陪審員の人生模様が重ね合わせられていきます。
話し合いは、しっちゃかめっちゃかですが、
それぞれの人生が見え隠れし、
自分も陪審員の一人、13人目の陪審員であるかのような気持ちで
映画に入り込んでしまいしました。
現実にスタートした陪審員制度。
バックボーンがまったく違う人たちが集まって、
有罪が無罪かを決めます。
違う生き方、違う考え方であるからこそ、
この陪審員制度が活きてくるのではないだろうか?
この映画を観て思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top