柿色の月


昨日、帰りの電車から、月を目の前に眺めることができました。
満月は一昨日だったようですが、昨日も満月に近くて、とても美しい月でした。
18時台の月はとても低い位置にあり、
“オレンジ”というより、“柿色”という表現をしたくなる色合いでした。
月を見ようと思って見たのではなく、
目の前にあった、視界にドーンと入ってきたという感じで、
その存在感に圧倒されました。
月も生きているのだな。
柿色の月を眺めながら、そんなふうに思っている自分を発見しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top