ドキュメンタリー映画 『フランドン農学校の尾崎さん』


先日、『フランドン農学校の尾崎さん』というドキュメンタリー映画を観に行ってきました。
大阪府能勢町で有機農法で野菜作りをしている尾崎零さんの姿を1年間追い続けた作品です。
生命を軽く扱う風潮、生命が見えにくくなっている現代ですが、尾崎さんのまわりには、
野菜や虫、動物、そして人間・・・たくさんの生命が目に見えています。
本当は、私たちは日々の暮らしの中で、いつでも生命が見えて、感じられる環境にいるはずなのに、
モノがいっぱいあふれ返っていて見えない、と言い訳します。
見ようとしていないだけなのだと気づかされる映画です。
生命の大切さを教えてくれる映画です。
きっと誰もが、尾崎さんのように、やさしく、明るく、さわやかに、時には熱く、
生命を見つめることができるのだと思います。
そうすると、自分自身をやさしく見つめることにつながり、すべての生命をやさしく見つめることに
つながるのだと思います。
『フランドン農学校の尾崎さん』映画製作委員会
http://slowcom.fc2web.com/index.htm

コメント

  1. 浜端久美 より:

    訂正ありがとうございました。

  2. 関係者 より:

    大阪府豊能郡能勢町です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top