東野圭吾 『天空の蜂』


東野圭吾の『天空の蜂 (講談社文庫)』を読みました。
映画を観ているようなスピード感。
著者・東野圭吾の原子力発電所や特殊ヘリコプター、警察や防衛庁などに関する
膨大な知識に圧倒されます。
ひとりの人がここまで書けるものかと、どんな頭脳を持っているのかと。
私が感じたことは、何が正しくて、何が間違っているか、それはわからない、ということ。
登場人物それぞれの“その人にとって”、“その時”、何を基準に判断し、行動するかで、
流れが少しずつ変わってきます。
結末は、ある意味解決かもしれませんが、
私には解決ではなく、ここからまた新たな物語が始まるように思えてなりません。
読みごたえのある小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top