花札とトランプは


お正月、両親と私の3人で恒例の花札をしました。
私が札をきっている(地元では“札をくる”と言いますが、ここは共通語で)と、
父がこう言いました。
「ぎっちょなんか~」
右利きだとずっと信じ込んでいました。
お箸や鉛筆は右だらかです。
たしかに、トランプや花札をするときは左できっています。
父に言われるまで、右左を意識することもありませんでした。
そのとき初めて知ったのですが、
父はお箸や鉛筆は右手を使うようにしていますが、左も使えるそうです。
「だから、手先が器用なんや」
私じゃなく、父本人の言葉です。(本人が語ると値打ちが下がるような・・・)
意識してみると、けっこう左も使っています。
世の中は右利きの人が大多数を占めます。
多数に合わせた社会です。
設備の大半が右利き用です。
左利きの人はもちろん両方使える人も、社会に自分を合わせているということです。
利き手が右でも左でも、世の中の標準にある程度合わせることはできます。
たとえば、
身体に障害のある人に、障害のない人が合わせる。
こういう考え方に基づいた設備があってもよいのではないでしょうか。
数の論理優先で成り立っている社会に、何ともいえない不健全さを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top