赤十字血液シンポジウム


日本赤十字社主催の 『赤十字血液シンポジウム』に参加しました。
http://www.jrc.or.jp/mr/info_pdf/info_pdf0812_blood03.pdf
参加者のほとんどが医療関係者の中、私は医療者ではないのですが、
参加する機会に恵まれました。
第一部のテーマは、輸血医療。
第二部のテーマは、HIV感染。
専門用語も多く、「???」や「・・・・・」な状態ではありましたが、
知らないことを知るのが大好きです。
冒頭では、赤十字のマークについてもお話されていました。
世界各国で、3種類のマークが使われていることを初めて知りました!
十字だけではないのです。
十字はキリスト教をイメージするため、イスラム圏では別のマークを使用しているそうです。
さて、あと2つはどんなマークかご存知ですか?
→ ウェキペディア“赤十字社”
このシンポジウムでは、
海外での医療活動や輸血医療、増加するHIV感染について、
少し理解を深めることができました。
あらためて思います。
マスメディアの情報だけでは本当のところは分からない、と。
マスメディアの情報だけでは見えてこないもの、聞こえてこないものがある、と。
マスメディアからはHIV感染の情報は、ほとんど伝わってきません。
情報に対して受身でいるのではなく、自ら情報を取りに行くことも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top