ポール・オースター 『幻影の書』


私の場合、ポール・オースターという作家を知ったのは映画でした。
SMOKE [DVD]
ルル・オン・ザ・ブリッジ [DVD]
心の奥に沁み入る、私の好きなタイプの映画です。
そのポール・オースターの最新日本語訳の 『幻影の書』を読み終えました。
映画ファンにはたまりません!!
さらに無声映画好きなら涙を流し喜ぶでしょう。(想像です^^)
映画を観るような、劇中劇を観るような、どんどん引き込まれるストーリ展開。
ポール・オースターの世界を、構成力を、創造性をたっぷりと堪能できます。
読み進めながら、この物語の中にいるような気持ちになるのと同時に、
今ここにいる自分自身を深く見つめはじめます。
その内省が、これからの人生、あらゆる場面で生きてくるだろうなと思います。
人生を豊かにする良質な小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top