節分と氏神さま


先日の節分。
スーパーでは、節分の太巻き(恵方巻)が所狭しと並べられていました。
買うつもりはなかったはずなのに、吸い寄せられるように太巻きに近づいていくと、
【○○○神社でご祈祷した海苔を使用】の文字と、
海苔のご祈祷風景の写真パネルが添えられていました。
思わず?? 迷わず?? 気づいたときには、太巻きをガッシリ手にしていました。
食べ物とご利益には、めっぽう弱い私です。
~~~~~~~
お祭りのシーズンになると、私の住んでいる周辺の道路脇に、
海苔が祈祷された○○○神社の名入りのノボリが、たくさん立てられます。
!!
この神社は、私の住んでいる土地の氏神さまだ!
この土地に引っ越して6年ぐらい経ちますが、一度もお参りしたことがなかったのです。
近所の別の神社はお参りしたことがあるにもかかわらず・・・。
翌日、早速、神社にお参りしました。
「何年もこの土地に住まわせていただきながら、ご挨拶が遅くなってすみません。
 これからもよろしくお願いします」
スーパーの太巻きのおかげで、大事なことに気づかせてもらいました。
信仰しているのでも、縁起を担ぐのでもなく、
安全に安心して暮らせるのは、住んでいる土地が見守ってくれているからだ、
そう思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top